長崎県

ひきこもり対策について

  • ひきこもりとは、病名ではなく状態をさす言葉です。

6ヶ月以上自宅にひきこもり、会社や学校に行かず、家族以外との親密な関係がないことをさします。ストレスが大きすぎて自分の力ではどうにもできなくなったとき、もうこれ以上疲れないよう休息をとるために、外界との接触を制限することで殻に閉じこもり自分を守ろうとしている状態です。

  •  ひきこもる要因はさまざまです。

学校や職場での失敗や失恋など、様々なきっかけで始まりますが、これらが原因とは限りません。

  •  背景に病気があることもあります。 

 統合失調症やうつ病などの精神科の病気が背景にある場合もあります。

 

県央保健所では、「家族支援」「当事者支援」「地域づくり」を中心に支援を行っています。

随時、相談を受け付けておりますので、ご相談ください。

 

ご本人へ

  • 当事者の集い「すずめの会」

 すずめの会では、参加者同士のコミュニケーションやグループでの作業を通して、社会参加したい方の第一歩をお手伝いします。

参加希望の方は事前にご連絡をお願いします。参加者のプライバシーは守ります。

対象

学校や社会になじめず自宅にひきこもっている方。または、ひきこもり経験のある方

日時

毎月2回

  • 第1水曜日午後1時30分から午後4時
  • 第3水曜日午前11時から午後2時

(上記日程が休日の場合は、翌週の水曜日に開催)

場所

県央保健所ほか 

参加費

無料 

活動内容

調理活動、座談会、軽スポーツ、施設見学、コミュニケーションのとり方についての学習、家族会や他団体との交流会など。

その他、利用者の希望を取り入れています。 

 詳細は下記チラシをご覧ください。

 すずめの会 チラシ[PDFファイル/246KB]

 

ご家族へ

  • 家族教室「あじさい会」

あじさい会は、ひきこもり者を抱えるご家族同士が、同じ立場で安心してご自分の体験や思いを語り合うことのできる場です。

この場で聞いた話は他ではもらしません。

ご家族がまず元気を取り戻すために参加してみませんか。

対象 ひきこもり者を抱えるご家族
日時

隔月(4月・6月・8月・10月・12月・2月)の第1水曜日

午後1時30分から午後3時30分

場所 県央保健所

詳しくは下記チラシをご覧ください。

 あじさい会 チラシ[PDFファイル/80KB]

 

  • 平成30年度 ひきこもり家族教室

ひきこもりで悩んでおられるご家族を対象に家族教室を開催します。

参加を希望される方は、まずは電話にてお問い合わせください。参加料は無料です。

対象 約6ヶ月以上、学校や職場に行かず自宅にひきこもっている状態の方がいるご家族
日時 平成30年10月~平成31年1月 全5回(10/4、10/25、11/22、12/12、1/23) 午後1時30分から午後4時
場所 長崎県県央保健所 2階 訓練指導室
内容 ひきこもりの基礎知識・ひきこもりにともなう精神症状に関する精神科医師の講話、グループワーク、ひきこもり経験者および家族の体験発表等

詳しくは下記チラシをご覧ください。

平成30年度ひきこもり家族教室[PDFファイル/292KB]

地域づくり

 

 

 

 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー