ひきこもり対策について

ひきこもり地域支援センターとは

 ひきこもりに関する専門の相談窓口です。

 長崎県では、長崎こども・女性・障害者支援センターに「ひきこもり地域支援センター」を設置し、県北保健所を含む8か所の県立保健所を地域拠点(サテライト)として位置づけています。

ひきこもりとは

 病気や身体が不自由など、外出を妨げる状態がないにもかかわらず、さまざまな要因を背景に、就労や就学などの社会的活動の機会が6か月以上にわたって失われている状態をいいます。

 なかでも、精神疾患がその主な原因とは考えにくい場合を「社会的ひきこもり」といいます。

※ひきこもりは、病名ではありません。

 社会には、さまざまなストレスや出来事があふれています。ストレスを上手く解消できないとき、ストレスから自身を守るため、社会とのつながりを避け「ひきこもる」ことがあります。これが「ひきこもり」という状態です。ひきこもることは、ご本人のために必要な休養であり、後ろめたいことではありません。

 「甘えている」「怠けている」と誤解されがちですが、ひきこもっているご本人自身も悩みを抱えています。また、ご家族も今後の不安や悩みを抱えていらっしゃることと思います。

 ご本人やご家族のみで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

 

相談先は

地域保健課 保健福祉班

日時 平日 9時から17時45分(祝日及び年末年始を除く)

 

ご本人やご家族、関係者の方からの相談をお受けしています。

相談は無料です。お気軽にご相談ください。

 

詳しい内容は

「ひきこもり支援のために」(リーフレット)、健康づくり通信2月号「ひきこもりについて正しく理解しましょう!」をご覧下さい。

「ひきこもりとは」といった内容や県北保健所周辺の相談窓口、家族の会などの情報を載せています。

ひきこもり支援のために(リーフレット)(R4.3.25修正)[PDFファイル/452KB](令和4年3月25日更新)

健康づくり通信第194号2月『「ひきこもり」について正しく理解しましょう!』[PDFファイル/361KB] (令和3年5月6日更新)

 

リンク先

県北保健所では、精神科嘱託医による相談や臨床心理士による相談もお受けしています。

詳しくは下記のページをご確認ください。

精神科嘱託医による相談

臨床心理士による相談

このページの掲載元