被爆体験者精神医療受給者証の更新手続き及び対象合併症の追加

更新手続き

これまでの更新手続きでは、更新申請書のほか、「第二種健康診断受診者証の写し」と「被爆体験者精神医療受給者証の写し」をご提出いただいておりましたが、平成30年4月以降の更新手続きでは受診者証の写しと受給者証の写しは提出不要となります。

更新対象者の皆様へは、受給者証の有効期間満了日の概ね2ヶ月から3ヶ月前までに更新手続きの案内文書を送付します。

  • 年に一度の健康診断は必ず受診してください。
  • 認定されている疾患については、主治医の指示に従って定期的に治療を行ってください。
  • 対象疾患の受診状況や健康診断の受診状況の確認ができない方には、別途お電話する場合がございますのでご了承ください。

受給者証への新規発症合併症追加

新たに対象疾患として合併症を追加したい方は、まず、かかりつけの医師に対象となるかをご相談ください。

かかりつけ医から対象と判断された方は、県の原爆被爆者援護課保健医療班(電話番号:095-895-2475)まで        ご連絡ください。

追加に必要な申請書類等をご自宅へお送りします。

なお、追加手続きにはかかりつけの医師が記載する書類が必要で、作成料が2,500円程度かかります。その後、精神科での診断も必要となりますが、精神科での費用負担はありません。

追加申請手続き後、県の審査会において認定されれば受給者証に追加となりますが、認定されなかった場合でも支払った書類作成料等は戻りませんのであらかじめご了承ください。

このページの掲載元

  • 原爆被爆者援護課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2471
  • ファックス番号 095-895-2578