医療の給付・対象疾患

医療の給付

  1. 長崎県が委託契約している医療機関にかかるとき

    「被爆体験者精神医療受給者証」と健康保険等の「被保険者証」を提示すると、自己負担分を窓口で支払うことなく医療を受けることができます。

  2. 1以外の医療機関にかかるとき

    窓口で、いったん自己負担分を払うことになりますが、後で支払った医療費の払い戻しを受けることができます。
    請求の方法は、医療機関に支払ったときの領収書と診療報酬明細書(レセプト)を添えて、被爆体験者精神医療費支給申請書(様式第6号)を居住地の市町の原爆担当窓口に提出してください。

     被爆体験者精神医療費支給申請書(様式第6号)[PDFファイル/11KB]

対象疾患 

  •  「被爆体験による精神的要因に基づく健康影響に関連する特定の精神疾病とそれに合併する身体化症状又は心身症」(以下、別表1,2参照)

    別表1[PDFファイル/265KB]
    別表2[PDFファイル/226KB] (令和3年4月1日から適用:厚生労働省健康局長通知より)

    ※遺伝性疾病及び先天性疾病並びにがん、感染症、外傷等は対象となりません。

  • 対象合併症を追加したいとき

    合併症は随時追加できます。主治医に病名を確認して、当課までご連絡ください。(電話:095-895-2475)

介護保険サービスの医療費について

  被爆体験者精神医療受給者証所持者は、医療系介護サービスについても自己負担分の助成を受けることができます。

   被爆体験者精神医療受給者証所持者様
     サービスを受ける事業所に被爆体験者精神医療受給者証を提示する。

   介護サービス事業所様
     介護サービスを利用する場合の医療給付は、個人毎に認定された疾患が原因で介護サービスを受ける必要が
     ある場合に支給の対象となるので、医師の確認のもと介護サービスを提供することの「確認書」を提出してください。

     なお、「確認書」は被爆体験者精神医療受給者証の更新時に再度提出が必要です。(県からお知らせします。)

     介護確認書(長崎県)[PDFファイル/5KB]
     介護確認書(長崎県)記載例[PDFファイル/10KB]

    ※福祉系の介護サービスについては対象外です。
    ※被爆体験者精神医療受給者証で認定されていない疾患については対象外です。
    ※サービス提供開始する場合は長崎県原爆被爆者援護課保健医療班(電話番号:095-895-2475)まで
      ご連絡ください。

このページの掲載元

  • 原爆被爆者援護課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2471
  • ファックス番号 095-895-2578