長崎県

健康診断

 被爆者の健康管理のために県では、被爆者健康診断を実施しています。

 健康診断には一般検査・がん検査(胃がん、肺がん、乳がん、子宮がん、大腸がん、多発性骨髄腫の6種類)と、

これらにより必要が認められた場合の精密検査があり、知事が委託した医療機関一覧[PDFファイル/82KB](クリックで一覧表示)で受けることができます。

 健康診断は、年2回ハガキで案内する定期診断のほかに、被爆者の希望によって、年2回を限度として受けることができ、

そのうちの1回はがん健診を受診することができます。(平成28年度から胃がん検診に胃内視鏡検査が追加されました。)

 ただし、第二種健康診断受診者証をお持ちの方は、年1回ご希望により一般検査に限って受診することができます。

 また、遠隔地より受診される場合は、申請により交通手当が支給される場合がありますので、受診の際は振込口座がわかるものを持参してください。

 詳しいことは、県原爆被爆者援護課、各県立保健所へお問い合わせ下さい。

このページの掲載元

  • 原爆被爆者援護課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2471
  • ファクシミリ:095-895-2578
先頭に戻る

メニュー