長崎県

被爆者とは

被爆者援護法に定める「被爆者」とは、次のいずれかに該当する方で、被爆者健康手帳の交付を受けた方をいいます。

区分 詳細
直接被爆者

原子爆弾が投下された際、当時の次の区域内に在った方

  • 長崎市内
  • 西彼杵郡福田村のうち、大浦郷、小浦郷、本村郷、小江郷及び小江原郷
  • 西彼杵郡長与村のうち、高田郷及び吉無田郷
入市者

原子爆弾が投下されてから2週間以内(長崎は昭和20年8月23日まで)に次の区域内に立ち入った方

  • 当時の長崎市のうち、西北郷、東北郷、家野郷、西郷、家野町、大橋町、岡町、橋口町、山里町、坂本町、本尾町、上野町、江平町、高尾町、本原町、松山町、駒場町、城山町、浜口町、竹ノ久保町、稲佐町2丁目、稲佐町3丁目、旭町1丁目、岩川町、目覚町、浦上町、茂里町、銭座町、井樋ノ口町、船蔵町、宝町、寿町、幸町、福富町、玉浪町、梁瀬町、高砂町、御船蔵町、御船町、八千代町、瀬崎町及び浜平町
救護や死体処理に当たった者等

原子爆弾が投下された際、又はその後において身体に原子爆弾の放射能の影響を受けるような事情の下にあった方

胎児

上記のいずれかに該当する方の胎児(長崎は昭和21年6月3日までに生まれた方)

 

このページの掲載元

  • 原爆被爆者援護課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2471
  • ファクシミリ:095-895-2578
先頭に戻る

メニュー