【重要】特定不妊治療の保険適用に向けた経過措置について

このページを印刷する

【重要】特定不妊治療の保険適用に向けた経過措置について

従来の「特定不妊治療費助成事業」は、令和3年度末をもって終了することとなりましたが、年度をまたいで令和4年4月1日以降に治療が終了される方については経過措置が適用されます。

(1)令和4年3月31日までに治療が終了した方

令和4年3月31日までに治療が終了した方については、保険適用に向けた経過措置は適用されず、従来の助成制度での申請となります。

詳しくは、こちらをご覧ください。→不妊治療費助成事業について

(2)令和4年3月31日以前に治療を開始し、令和4年4月1日以降に治療が終了する方

保険適用に向けた経過措置の対象となります。
〇対象となる治療
令和4年3月31日以前が「治療開始日」である「治療ステージA、B、D、E」の治療
令和4年3月31日以前に凍結した胚を移植した「治療ステージC、F」の治療
不妊治療ステージについて

〇助成回数
ご夫婦(事実婚の方も含む)1組につき1回まで
ただし、これまでに助成上限回数に達している方(1人のお子様の治療につき6回(40歳以上の方は3回)助成を受けている方)は対象外です。

〇年齢
治療開始日の妻の年齢が42歳以下である夫婦

〇対象の費用
保険が適用されない一連の治療に支払った費用。
※保険適用の治療を行った場合は、助成の対象外となります。

〇その他
治療開始日から申請日までに夫婦であること(事実婚を含む)。
申請日時点で、夫婦のどちらか一方が長崎県に住民票があること。
申請する治療が、令和4年3月31日までに指定を受けた指定医療機関で行った治療であること。年度をまたぐ治療に対する助成金の対象

(3)令和4年4月1日以降に治療を開始した方

原則、助成の対象外となります。ただし、上記パターンCの場合、採卵した日が令和4年3月31日以前であれば、対象となります。
なお、保険適用された治療を行った場合は対象外となります。
令和4年度以降治療開始分

FAQ
  1. 「1回の治療」として申請した治療の中に先進医療として実施した治療が含まれる場合、この費用は助成の対象となるか。
    → 先進医療の費用は対象外となります。
  2. 年齢特例はどうなるか。
    → 対象となる年齢特例については、引き続き適用されます。
      治療開始日が39歳以下の場合:6回
      治療開始日が40歳以上の場合:3回
  3. 令和4年度4月1日以降に凍結胚を移植した場合(治療ステージC)は、助成の対象となるか。
    → 原則、令和4年度4月1日以降に開始した治療については保険適用となります。ただし、凍結胚を移植した場合(治療ステージC)については、令和4年3月31日以前に採卵したものを使って治療をする場合は助成対象となります。(1回限り)

妊活LINEサポート事業について(ご案内)

「保険適用になったけど、どの治療が対象?」、「保険適用後の治療料金を知りたい」など保険適用に関する相談や、その他妊活に関する情報提供や個別相談をLINEでできるようになりました。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

妊活LINEサポート事業について

 

 

このページの掲載元

  • こども家庭課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2442
  • ファックス番号 095-825-6470