長崎県

食品衛生

  • 飲食店、食品製造業及び販売業等の営業許可・届出や収去した食品検査、監視指導を行っています。
  • 食品衛生に関する知識の普及、食中毒予防のための啓発活動を行っています。

 

食品営業施設等の許認可及び監視指導

食品衛生法及び長崎県食品衛生に関する条例に基づき、許可基準等についての相談対応及び事前指導、許可処理などの業務を行っています。また、条例に基づく食品販売業の届出を受理し監視指導を行っています。

集団給食施設の監視指導

学校・保育所・老人福祉施設等の一斉点検を実施するなど、集団又は大規模な食品事故の防止に努めています。

食中毒防止対策

食品営業施設及び食品の一斉取締り、食品等の収去検査などを行い、食中毒、食品事故等の発生防止に努めています。

 ※食品等の収去検査とは

食品営業施設に立ち入り、食品等を無償で提供を受け、現場又は検査室で試験・検査することをいいます。

食品衛生思想の普及啓発

食品の製造・加工技術の進歩に伴い、食品の流通は広域化し、また、輸入食品の増大等、食品を取り巻く環境は著しく変化しています。これに伴い、食品業界や消費者に対し、食品衛生に関する知識の向上及び食品衛生思想の普及啓発を行っています。

食中毒事件処理

食中毒発生時には、事故原因の究明を行い、再発防止に努めています。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー