長崎県

データ還元事業

データ還元事業とは

長崎県では、と畜検査結果を基にして作成した家畜の疾病の検査データを、月ごとに生産者等へ還元(情報誌の送付)することにより、家畜の生産段階における疾病の予防に寄与しています。

また、重要疾病の発生や、特定の疾病の急激な増加などを、緊急速報的にお知らせしています。

 

長崎県食肉衛生検査情報還元システム1

 

長崎県食肉衛生検査情報還元システム

平成25年度から新たな取り組みとして「長崎県食肉検査情報還元システム」がスタートしました。

長崎県食肉衛生検査情報還元システム2

これは、毎月の情報誌による検査データの送付を待つことなく、検査当日にパソコンで検査結果を確認することができるシステムです。

また、過去3年分の検査データも閲覧可能となっています。

検査データをご自身のパソコンに取り込んで、表やグラフを作成するなど、ご活用いただけます。

 長崎県食肉衛生検査情報還元システム3長崎県食肉衛生検査情報還元システム4

なお、当システムをご利用いただくには、メールアドレス等の登録が必要です。システムの利用を希望される方は、県内の食肉衛生検査所までお問い合わせください。

詳しい入力方法などは、「情報誌TonTon」の第131号・第132号をご覧ください。

 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー