長崎県

平成26年度調査研究


2016年3月14日更新

県外発表

九州地区食肉衛生検査所協議会大会

超音波発生装置を利用した病理組織学的検査の迅速化H26[PDFファイル/165KB] 

日本獣医公衆衛生学会(九州)

豚肉中のマルボフロキサシン残留事例とLC/MS/MSによるキノロン系抗菌性物質一斉分析法H26[PDFファイル/168KB] 

県内発表

平成26年度長崎県食肉衛生技術研修会並びに衛生発表会

  • 当所における近年の残留抗菌性物質検査状況
  • HPLCによるクマリン系殺鼠剤分析の検討
  • LC/MS/MSによる残留抗菌性物質の迅速一斉分析法
  • 牛の腎臓
  • 豚の心臓の神経節細胞腫
  • と畜場における牛白血病の型別調査
  • A食肉センター搬入牛の牛白血病ウイルス浸潤状況について
  • Real-Time PCR法による増菌培地からの豚丹毒菌診断方法の検討
  • 豚大貫枝肉の衛生向上を目指してのとりくみ(第1報)
  • 五島食肉センターの大規模改修工事についての報告
  • 暑熱ストレスによる豚の繁殖障害に関する一考察
  • と畜検査データの還元方法の検討
  • 職場体験学習によるリスクコミュニケーションの取組み(第二報)

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー