長崎県

敗血症


2018年10月1日更新

敗血症(はいけつしょう)とは、細菌が体の中に侵入して増えた後、血液にのって全身に回る状態のことをいいます。

と畜検査で、心臓の中にイボのようなもの(疣状心内膜炎)ができたり、肺・腎臓・肝臓などに点状の出血が認められたりした場合は、敗血症を疑い、全身に細菌が回っていないかどうか精密な検査をします。敗血症と診断された牛や豚などは食用として流通することはありません。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー