長崎県

長崎県防災推進員(自主防災リーダー)養成講座[大学生対象]

長崎県防災推進員(自主防災リーダー)養成講座[大学生対象]のヘッダー画像

 長崎県では、長崎大水害(昭和57年)や雲仙普賢岳噴火災害(平成2年から平成7年)などにより大きな災害を受けていますが、近年では、阪神・淡路大震災、東日本大震災や熊本地震、全国各地での大雨や台風・竜巻等による大きな災害が発生しています。毎年のように発生する集中豪雨や台風、また、いつどこででも起こりうる地震災害などへの備えを行っておくことが大切です。
これまでの災害の経験から、地域の皆さんの命は地域の方々が守る体制をつくることが重要であると言われています。
本講座を受講し、防災に関する知識・技術を身につけ、地域の「防災力」の向上に貢献しましょう。

H30年度防災推進員養成講座(募集案内)【大学生版】[PDFファイル/232KB]

 

このページの掲載元

  • 消防保安室
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2146
  • ファクシミリ:095-821-9202
先頭に戻る

メニュー