長崎県被災宅地危険度判定士養成講習会の開催

このページを印刷する

令和3年度長崎県被災宅地危険度判定士養成講習会主旨

被災宅地危険度判定とは、災害対策本部が設置されることとなる規模の地震又は降雨等の災害により、宅地が大規模かつ広範囲に被災した場合に、被害の発生状況を迅速かつ的確に把握し、危険度判定を実施することによって、二次災害を軽減・防止することを目的としています。
この判定を行う「被災宅地危険度判定士」の養成講習会を下記のとおり開催しますので、皆様方の受講及び「被災宅地危険度判定士」の登録をお願いいたします。

開催要領

主催 長崎県被災建築物応急危険度判定・被災宅地危険度判定協議会
受講対象者

・長崎県内に居住又は勤務し、長崎県被災宅地危険度判定士認定登録要綱第4条第1項各号及び第2項に定める登録資格要件(※)に該当し、宅地判定士として認定登録を受けようとする方

※ 資格要件一覧[Wordファイル/58KB]について

 

◆更新の方へは、別途案内します。

 日時 令和4年1月26日(水曜日)10時30分から12時30分まで(10時00分開場)
 場所

 

長崎県大波止ビル  (長崎市元船町17-1)

7階 会議室

受講料 無料 
受講方法 会場
 申込み方法

受講希望者は、被災宅地危険度判定士養成講習会受講申込書に必要事項を記載のうえ下記担当宛に令和4年1月7日(金曜日)までに郵送、FAX又はメールにて提出してください。

 

令和3年度被災宅地危険度判定士養成講習会 受講申込書[Wordファイル/45KB]

 申込み先

〒850-8570
長崎市尾上町3‐1
長崎県土木部都市政策課宅地指導班
担当:藤原、坂本
電話:095-894-3094
ファクシミリ:095-894-3462
Eメール:kn-fuka@pref.nagasaki.lg.jp

 講習会当日に持参又は用意いただくもの
◆テキスト

テキストは、次のファイルをダウンロードのうえご持参願います。

1被災宅地危険度判定実施要綱[PDFファイル/111KB](7ページ)
2被災宅地危険度判定業務・実施マニュアル[PDFファイル/423KB](22ページ)
3被災宅地の調査・危険度判定マニュアル[PDFファイル/2MB](70ページ)
4被災宅地の調査・危険度判定マニュアル(参考資料)[PDFファイル/1MB](31ページ)
5擁壁・のり面等被害状況調査、危険度判定票作成の手引き[PDFファイル/1MB](35ページ)

(※被災宅地危険度判定連絡協議会発行A4版ファイル形式「被災宅地危険度判定士危険度判定ファイル」)

 講習会当日に持参又は後日郵送いただくもの
◆登録申請書

必要な様式を次からダウンロードし、必要事項を記入のうえ、1部ご持参願います。

◆新規登録の方

1.様式第1号(登録申請書)[Wordファイル/39KB]

2.様式第2号(資格申告書)[Wordファイル/45KB]

3.様式第3号被災宅地様式(実務経歴)[Wordファイル/39KB]

  4.証明写真カラー2枚(写真の大きさ:縦3.0センチ、横2.4センチ)

   ※ 1枚は登録申請書に貼付け、1枚は裏面に氏名を記載し持参願います。

 

 


 会場案内図

長崎県大波止ビル(長崎市元船町17-1) ※駐車場はありませんので、公共交通機関等をご利用ください。

      会議室名:7階会議室

R3大波止ビル

このページの掲載元

  • 都市政策課
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-894-3031
  • ファックス番号 095-894-3462