長崎県トップよかよかテレビトップ6ch > 旧野首教会

6ch 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

旧野首教会

登録日:2009年09月08日 再生回数:624回 

[1908年竣工 / 県指定有形文化財 / 煉瓦造]

旧野首教会

左:煉瓦色の教会が、どこにもない風景を作り出している。右上:長崎の教会建築によく見られる椿の赤い花。

五島列島の北に位置する野崎島には、野首と瀬戸崎という2つのキリシタン集落があった。土地が痩せた山間での貧困な暮らしの中、各々木造の教会をつくったが、やがて18戸の信徒が結束し、本格的な教会建設が始まる。彼らの熱意と努力により完成した旧野首教会は、設計・施工にあたった鉄川与助にとって最初の煉瓦造教会。ところが高度経済成長の下、過疎化が進み、1971年、住民全てが島を離れた。無人となった島で教会は一時荒廃してしまうが、小値賀町により修復・整備され、現在は野生化した鹿とともに生きている。

【所在地/電話番号】

  • 旧野首教会:小値賀町野崎郷野首 / TEL 0959-56-3111(小値賀町商工観光課)

ページの先頭へ

プレゼント

リンク集

このページの掲載元
長崎県広報課
住所:長崎県長崎市江戸町2番13号
電話:095-895-2021

GO!GO!ともっちバナー

明治日本の産業革命遺産ホームページ