長崎県トップよかよかテレビトップ > 6ch

6ch 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、長崎地方の潜伏キリシタンが禁教期に密かに信仰を続ける中で育んだ、宗教に関する独特の文化的伝統を物語る貴重な文化遺産です。

17世紀から2世紀を越えて続いたキリスト教禁教政策の中、潜伏キリシタンが自らの信仰を継承する中で、仏教や神道などの在来宗教を装った組織的かつ独特な、世界でも稀にみる固有の信仰形態を育みました。また「信徒発見」を契機として、カトリックに復帰した集落に建設された教会堂は、潜伏キリシタンの文化的伝統の終焉を象徴しています。

構成資産は、海禁体制が確立し宣教師不在の契機となった「原城跡」、密かに拝んだ山や島、キリシタンの信心具を伝承する指導者の屋敷、密かに祈りを唱えた寺院や神社など固有の信仰形態が育まれたことを物語る10の「潜伏キリシタン集落」、新たな信仰の局面を迎える契機となった「大浦天主堂」の長崎県と天草市にまたがる12の資産で構成しています。

ページの先頭へ

プレゼント

リンク集

このページの掲載元
長崎県広報課
住所:長崎県長崎市江戸町2番13号
電話:095-895-2021

GO!GO!ともっちバナー

明治日本の産業革命遺産ホームページ