長崎県

長崎県のシンボル

県章(県のシンボルマーク)

 県章の画像

長崎県の頭文字「N」と平和の象徴である「はと」をデフォルメし、未来へ力強く前進する長崎県の姿を表現しています。
中央の円は地球で、長崎県の国際性を表し、色は長崎県の明るい海と空を表しています。
(平成3年4月1日制定)

詳しくは県章のホームページをご覧ください。

県の花

県の花の画像

雲仙(うんぜん)ツツジ(ミヤマキリシマ)

雲仙に群生するつつじの一種で、主にミヤマキリシマを地元で「雲仙つつじ」と呼び大切にしてきました。国の天然記念物にも指定されています。
(昭和57年3月19日指定)

 県の花木

県の花木の画像

ツバキ

長崎県に広く分布しています。中でも五島(ごとう)つばきは全国的に有名です。つばきの実の生産は全国第1位になったことがあります。
(昭和41年11月25日指定)

県の林木

県の材木の画像

ヒノキ

長崎県でもっとも多く植林されている木です。特に雲仙では、美しいひのき林が見られます。
(昭和41年11月25日指定)

県民鳥

県民鳥の画像

オシドリ

長崎県では秋から冬にかけて見られる鳥です。おすは独特の羽毛で飾られ、数ある日本の鳥の中でも最も美しい鳥の一つです。
(昭和41年4月15日指定)

県民獣

県民獣の画像

九州シカ

長崎県には、五島列島・長崎市の八郎岳(はちろうだけ)周辺などに生息しています。五島産のしかはシーボルトによって新種として世界中に紹介されました。
(昭和41年4月15日指定)

県民歌

わがふる里長崎県の歌「南の風」

県民の方々が、はつらつとした気力をもって、明るく元気な毎日を送っていただこうと制定されました。
(昭和36年6月1日制定)

詳しくは県民歌のホームページをご覧ください。

県のさかな(12種)

本県の基幹産業である水産業に対する県民の理解と親しみを深め、本県の水産物を県内外にPRし、 本県の水産業を進行するうえでのシンボルとするため、本県を代表するさかなを四季ごとに12種類選びました。
(平成8年3月15日告示)

たいの画像

たい

いかの画像

いか

あまだいの画像

あまだい

 

夏   

あじの画像

あじ 

いさきの画像

いさき 

あわびの画像

あわび 

 

さばの画像

さば

あご(とびうお)の画像

あご(とびうお)

ひらめの画像

ひらめ

 

ぶりの画像

ぶり

いわしの画像

いわし

トラフグ

ふぐ

 

先頭に戻る