尾根歩きを楽しむ

平和公園〜岩屋山〜式見ダム〜矢筈岳〜畝刈(16.2km

尾根歩きの魅力は何といっても景色の良さ。
長崎市街が眼下に広がる岩屋山、五島灘の水平線と一緒に歩く矢筈岳、
尾根歩きの醍醐味、満喫です。

岩屋山の尾根道は油木から小さな畑を縫うように進む。
●インフォメーション
 
長崎県自然環境課       095(824)1111(代表)
 長崎市道路公園部総務課   095(825)5151(代表)
 式見ハイツ            095(841)1111


●交通アクセス

 長崎駅前(県営バス/矢上・諫早行き/33分)番所橋
 長崎駅前(県営バス/循環/18分)西山高部水源地
 長崎駅前(県営バス/西山木場行き/20分)木場
 

@平和公園から F式見ハイツまで(11.5km
    岩屋山縦走

東西に緩やかな稜線をもつ岩屋山(476m)は、輝石安山岩や火山角礫岩などの長崎火山の噴出物でできており、この稜線伝いの尾根道が九州自然歩道になっている。

油木の登山口では路面に埋め込まれた自然歩道のプレートに従って、住宅地の中を進み、尾根道に入って小さな段々畑を縫うように登る。小江原分岐からはヒノキ林の快適な山道だが、しかし最後の300mは急斜面の厳しい登りになる。草原状の山頂からは南側に長崎市街の素晴らしい景色が広がるが、北側はシイやクヌギなど広葉樹林に覆われ見通しがきかない。

 山頂からは西へ式見まで伸びる尾根を下っていく。雑木林と針葉樹林が交互に現れる尾根道は、緩やかに高度を下げて気持ちがいい。玄武岩でできた舞岳手前の鞍部で右に折れて式見ダムへ下る。ダム湖を半周して、黒似田のトンネル手前で車道を左に登り式見ハイツへ向かう。途中には観音岩の奇岩や五島灘の雄大な海の景色が広がり、疲れを忘れてしまう。式見ハイツでは入浴もできるので、ひと汗流してのんびりするのもいい。

     岩屋山全景
広葉樹林の尾根道を抜ける
観音岩を見上げながら式見ハイツへ向かう

F式見ハイツから H畝刈バス停まで(4.7km
     矢筈岳縦走

尾根道の小ピークから見る矢筈岳
 式見ハイツからは、かつて牧場だった草原の傍らの道を尾根沿いに進む。五島灘を眺めながら歩くなだらかな道だ。九州自然道は矢筈岳山頂(336m)付近を通り過ぎるが、山頂までわずかな距離なので、ぜひ立ち寄ってほしい。
 潅木の林を抜けた山頂岩場からは、
360゜の景色がぐるりと広がる。
 矢筈岳からは小さな岩場のピークをいくつか越える楽しい尾根道コースで、景色もいい。雑木林を過ぎ、竹林の中を下っていくと、新長崎漁港が見えてくる。国道を横切って、旧道を下ると畝刈バス停に到着する。

矢筈岳縦走路も終わりに近づくと、見事に手入れされた竹林の道になる。