ポテト大地を歩く
浜(唐比漁港)〜唐比温泉〜有喜漁港〜早見〜牧野〜土師野尾(
12.6km)
紺碧の橘湾や雲仙岳が視野いっぱいに広がる気分爽快コース。ゆるやかに波うつ大地にはジャガイモ畑やニンジン畑がつづき、ひさしぶりに土の香りを深呼吸。
春、秋の収穫期には台地は喜びにつつまれる
●インフォメーション
 長崎県自然環境課 095(824)1111(代表)
 諫早市緑化公園課 0957(22)1500(代表)



●交通アクセス
 諫早駅前(県営バス/唐比温泉行き/37分)
 諫早駅前(県営バス/有喜・早見行き/25分)有喜
 諫早駅前(県営バス/有喜・早見行き/35分)早見
 諫早駅前(県営バス/江の浦行き/20分)土師野尾

@浜(唐比漁港)から C有喜まで(5.1km
      橘湾岸の丘陵を歩く 

唐比の水田の下は泥炭層になっていて、古代のくり舟が発掘された。

  浜から海岸の防風林にそって唐比温泉へ向かう。一帯の水田の下は泥炭層になっていて、湿原一帯は自然園として保護されている。いったん国道に出て、さらに国道を逸れ、三叉路を畑の中の農道へ進み、雑木林の中の山道を下って、国道を陸橋で横切り、更に車道を下って行くと有喜の中心部に出る。

C有喜から F土師野尾まで(7.5km
磯の香りと土の香りを嗅ぎながら 

橘湾岸の丘陵地帯は、恵みの大地と雄大な景色が魅力だ。
 有喜から早見までは紺碧な橘湾を間近に見ながらのんびり歩く。この道は長崎街道に通じる島原街道で「殿さん道」と呼ばれ、快適な道だ。
 早見の集落の中を上がって国道を横切り、一面のジャガイモ畑の中を進む。背後には、台地の上に橘湾、その上に雲仙岳、こころが豊かになる風景だ。
 土の香りを深呼吸しながら、なだらかな道を歩いて行くと、山合いに静かに佇む土師野尾の集落が見えてくる。