森と渓流に遊ぶ
県民の森〜岩瀬戸渓谷〜黒似田堤〜雪ノ浦ダム〜山内バス停(18.2km
県民の森周辺はうっそうとした森林地帯。
このコースはそこから流れ出る美しい渓流や
渓谷をいくつも越えながら進む、西彼半島縦断のクライマックスです。
●インフォメーション
 
長崎県自然環境課   095(824)1111(代表)
 西海市商工観光課    0959(37)0011(代表)
 県民の森管理事務所  0959(24)0181

●交通アクセス
 長崎駅前(長崎バス/瀬戸板ノ浦行き/86分)雪の浦
 長崎駅前(長崎バス/県民の森/75分)県民の森(夏休み、                   シーズン期間中の日祝日運行) 
 佐世保駅前
(西肥・長崎バス/瀬戸板ノ浦行き/60分)山内
    →
(〃/6分)下山(〃/6分)白浜
 白浜
(長崎バス/長崎行き/5分)雪の浦
      

@県民の森から E地区集会所前分まで(5.2km
  森林浴と水浴びを楽しみながら

県民の森オートキャンプ場から山道を岩瀬戸渓谷まで一気に降りて、渓流沿いに緩やかに下る遊歩道を歩く。
 つぎつぎに変化する渓谷の風景は見飽きることはない。とくに新緑と紅葉は息を飲む美しさだ。
 県民の森を出て、河通川の深い谷に沿って林道を下る。つがね落の滝への分岐を過ぎて、里道をさらに進んだ公民館の所が雪ノ浦への分岐点になる。

深い森と岩瀬戸渓谷

E地区集会所前分岐から L山内バス停まで(13.0km   さまざまに変化する道

雪ノ浦分岐から古田へ、河通川の北斜面を、谷合いの景色を楽しみながら上っていく。古田の三叉路からは歩道になり、猪垣の解説板から民家の庭先をかすめて、ガマなどの茂る小さな湿原を横切り、ヒノキ林を抜けて黒似田堤へ出る。さらに井手ノ尾堤を過ぎて、雪ノ浦川支流の深い谷沿いに急斜面を下って雪ノ浦ダムへと向かう。ここまでは、のどかな里道、景色のいい尾根道、V字谷の道、渓流沿いの道など次々に変化し、交通アクセスは不便だが、魅力的なコースだ。

雪ノ浦ダムからは、ダム湖西岸の平坦な車道を水鳥観察しながらのんびり進み、バス道路を西へ進んで白藤橋バス停、さらに東へ上ると山内バス停に着く。

古田の湿原の道
静かに水を湛える黒似田堤。歩道は井出ノ堤へ向かう。
谷底へ下る道
@雪の浦バス停から周回(13.5km)
自然と眺望の渓谷探勝コース
清涼あふれるつがね落の滝