石積みの家を訪ねて
上里(出津文化村分岐)〜神浦ダム〜琴比良神社〜県民の森(10.3km
神浦ダムを中心に、人々の暮らしぶりに触れながら、のどかな里道を巡るコースです。結晶片岩で積まれた民家の壁や石垣が風景になじんで印象的です。
●インフォメーション
 
長崎県自然環境課       095(824)1111(代表)
 長崎市道路公園部総務課   095(825)5151(代表)
 県民の森管理事務所      0959(24)0181

●交通アクセス
 長崎駅前(長崎バス/瀬戸板ノ浦行き/65分)外海町文化村
      →
(〃/6分)大野(〃/5分)外海町役場

 長崎駅前(長崎バス/県民の森/75分)県民の森(夏休み、シーズン期間中の日祝日運行)   
 佐世保駅前
(西肥・長崎バス/瀬戸板ノ浦行き/71分)白浜
 白浜(長崎バス/長崎行き/15分)外海町役場(〃/5分)大野
      →(〃/6分)外海町文化村

@出津分岐から C神浦ダムまで(5.6km
    山奥の里道を歩く

出津文化村への分岐を右へ上り、さらに上里への分岐を右に折れて、畑地の峠にさしかかる辺りからは、海に開ける出津の集落と西彼半島の山並が見えてくる。
 峠から里道は雑木林や竹林を中に緩やかに下って、神浦ダム湖の最奥部に出る。ダム湖畔の周回道には桜やツツジが植えられていて、春には美しいハイキングコースとなる。

C神浦ダムから F自然休養林まで(4.7km 
   ダム北斜面の里道を登る 

 神浦ダムの北斜面を越えて、県民の森までは標高差300m。傾斜地に点在する集落を巡り、琴平神社の長い石段を登り、雑木林の中に見え隠れする。御用堤の傍らを進む。
 石積みの壁や塀が美しい味わい深い里道だ。
森林館の屋根がぽつんと見える
九州自然歩道は神浦ダム湖畔を半周する
D美しい石壁の大野教会
E大野バス停からF外海町役場前まで(16.8km)
    山あり谷ありコース

 大野バス停から大野教会、新地、牧野岳の先で九州自然歩道と合流し、未舗装の神浦ダム湖右岸を回り、ダム堤防手前の分岐で斜面を登る。段々畑と鷹ノ巣岩と呼ばれる奇岩を左に見ながら屋敷上、外海町役場前バス停まで下ってくるコース。神浦川を渡る一帯が河川公園として整備されているので、コースの終わりに一休みするのもいい。川にはフランス鴨のつがいの姿も見える。
峠道を下ると神浦ダムに着く
神浦川下流。のどかにフランス鴨が泳ぐ