ながさきの「しま」
HOME > 長崎のしま紹介【西彼】 > プロフィール
Menu
長崎のしまの紹介
対馬のご紹介
壱岐のご紹介
平戸のご紹介
五島のご紹介
西彼のご紹介
しまを知りたい!
 ・長崎の離島
 ・ながさきのしまQ&A
しまで生活しませんか?
・ながさき田舎暮らし情報局
 ながさき田舎暮らし情報局
 ・しまで学びませんか?
  (離島留学制度)
ご意見・ご感想募集!サイトマップ関連ページ
    ・ながさきの半島
 ながさきの半島
・体験型観光情報
オーライ!長崎
 オーライ!長崎
   ・長崎の観光
ながさき旅ネット
   ・長崎から世界遺産を!
 長崎から世界遺産を!
   ・長 崎 県
 長崎県
リンク集
    ●リンクについて
   ●文字の拡大表示

西彼のTOP プロフィール 交通アクセス 観光地 海水浴場
体験型観光 宿泊施設 イベント 料理・お土産 有名人・希少生物

長崎のしま紹介【西彼】

西彼のプロフィール

<基礎データ>
 
市町名
島名
面積(km2)
世帯数(世帯)
人口(人)
西





西海市 江島
2.60
107
169
平島
5.49
144
244
松島
6.39
317
605
3島
14.48
568
1,018
長崎市 池島
1.06
201
293
高島
1.19
312
498
2島
2.25
513
791
2市1町 5島
16.73
1,081
1,809

(注) 面積は平成22年全国都道府県市区町村別面積調べから引用。
但し、1平方キロメートル以下の島については市町調べ(平成22年10月1日現在)
*世帯数・人口は平成22年国勢調査(確定値)(平成22年10月1日現在)

西海市

 
市町名
問い合わせ先
西海市 西海市役所 政策企画課
〒857-2392
長崎県西海市大瀬戸町瀬戸樫浦郷2222番地
TEL: 0959-37-0011
FAX. 0959-23-3101

http://www.city.saikai.nagasaki.jp/
index.php
西海市観光協会
〒851-3504
長崎県西海市西海町木場496-1
TEL:0959-37-493
http://kankou.saikaicity.net/index.html3


えのしま
ふりがな
さいかいし
しま名
江島
市町村名
西海市
プロフィール(歴史、文化、しまの自慢話等)
 
江島醤油の写真
江島醤油
崎戸本島に浮かぶ江島は、崎戸港から定期船「フェリーみしま」で50分で結ば
れ、平坦な島です。
 かつては半農半漁の島でしたが、近年では、漁港の整備が進むとともに漁業の占めるウエイトが高くなり、平島と同様イセエビの産地として有名です。
 また、主婦達の手作りによる「江島醤油」は、隠れた名産となっています。
 江島は、平家落人の伝説もあり、起源は不明です。民俗芸能「浮立」も残っています。





ひらしま
ふりがな
さいかいし
しま名
平島
市町村名
西海市
プロフィール(歴史、文化、しまの自慢話等)
 崎戸本島の西方31.5kmに浮かぶ平島は、崎戸港から定期船「フェリーみしま」で100分で結ばれ、五島列島に一番近く上五島の町並みや山並みを見ることができます。
 昔から漁業を生活の糧としており、今でもイセエビ漁は長崎県下一の漁獲高を誇ります。林立する奇岩、侵食された断崖が島をめぐり、そのダイナミックな景観は、島の財産として西海国立公園に指定されています。
まつしま
ふりがな
さいかいし
しま名
松島
市町村名
西海市
プロフィール(歴史、文化、しまの自慢話等)
松島火力発電所の写真
松島火力発電所
 本土から約1km離れた周囲16kmの円錐形をした島で、古くは捕鯨基地として栄え、鯨捕りにまつわる逸話も数多く残されています。
 大正から昭和初期にかけては「黒いダイヤのしま」と呼ばれ、人口も1万人を越え、石炭産業で好景気に沸いていた時代もありました。昭和9年の炭鉱閉山と共に人口も急激に減少し、特別な産業も無く衰退の一途を辿っていましたが、昭和50年代に入り、石炭専焼の松島火力発電所が誘致され、現在に至っています。
 外海側海岸に見られる千畳敷は、タイ、イサキ、クロなどの釣りのポイント!
 また、島全体から眺められる五島灘に沈む夕日は非常に美しい風景です。
長崎市

 
市町名
問い合わせ先
長崎市 長崎市役所 
〒850-8685 
長崎県長崎市桜町2-22
TEL : 095-825-5151

FAX: 095-829-1286
http://www.city.nagasaki.lg.jp//

やすらぎ伊王島 
〒851-1201 
長崎県長崎市伊王島町1丁目3277番地7
TEL : 095-898-2202

http://www.ioujima.jp/

いけしま
ふりがな
ながさきし
しま名
池島
市町村名
長崎市
プロフィール(歴史、文化、しまの自慢話等)
池島炭坑の写真
池島炭鉱さるく
  角力灘(すもうなだ)に浮かぶ池島は、神浦港から約7kmの沖合いに位置し、周囲4km、面積は1.06㎢の島です。
  炭鉱の島として栄え、人口も最盛期(昭和45年)には、7,700人を数えましたが、平成13年11月29日に炭鉱が閉山となり、現在は300人を切り、人口減少が続いております。
  閉山後の平成14年度からは国の「炭鉱技術海外移転事業」が実施され、ベトナム及びインドネシアから研修生を受け入れ、池島炭鉱で培われた炭鉱技術の移転を図っているほか、日本の近代化を支えてきた石炭産業の現場を学んでいただこうと修学旅行生等を炭鉱施設へ受入れるなど、観光体験学習も行われています。
たかしま
ふりがな
ながさきし
しま名
高島
市町村名
長崎市
プロフィール(歴史、文化、しまの自慢話等)
 
高島海水浴場の写真
高島海水浴場
いやしの湯の写真
高島いやしの湯

  長崎港から南西に約15kmのところに浮かぶ、面積が約1.2km2の小さな島です。
 高島では、江戸時代に石炭が発見され、明治14(1881)年には、炭鉱が三菱の経営となりました。
 これ以降、三菱は、高島で採掘された石炭で得た利益をもとに、事業を拡大して、隆盛を極めたといわれており、そのため、高島は、三菱発祥の地の1つといわれています。
 石炭の島として栄えた高島も、昭和61(1986)年の高島炭鉱閉山により、存亡の危機に立たされましたが、現在では、「飛島磯釣り公園」や「海水浴場」、「高島いやしの湯」などが整備され、毎年3万人以上の観光客が訪れる、癒しと憩いの島として知られています。
Copyright(C)2005 Nagasaki Prefecture All Rights Reserver.
HOME