ながさきの「しま」
HOME > 長崎のしま紹介【壱岐】 > 観光
Menu
長崎のしまの紹介
対馬のご紹介
壱岐のご紹介
平戸のご紹介
五島のご紹介
西彼のご紹介
しまを知りたい!
 ・長崎の離島
 ・ながさきのしまQ&A
しまで生活しませんか?
・ながさき田舎暮らし情報局
 ながさき田舎暮らし情報局
 ・しまで学びませんか?
  (離島留学制度)
ご意見・ご感想募集!サイトマップ関連ページ
    ・ながさきの半島
 ながさきの半島
・体験型観光情報
オーライ!長崎
 オーライ!長崎
   ・長崎の観光
ながさき旅ネット
   ・長崎から世界遺産を!
 長崎から世界遺産を!
   ・長 崎 県
 長崎県
リンク集
    ●リンクについて
   ●文字の拡大表示

壱岐のTOP プロフィール 交通アクセス 海水浴場
体験型観光 宿泊施設 イベント 料理・お土産 有名人・希少生物

長崎のしま紹介【壱岐】


島 名 市町名 自然・景観 歴 史 キャンプ場 レジャー施設 温 泉
壱岐島 壱岐市

 壱岐島(壱岐市) 
【歴史】


原の辻遺跡
名称 @原の辻遺跡
(はるのつじいせき)
場所 壱岐市芦辺町・石田町
説明 今から2,200〜1,700年前のものと推測される大規模な環濠集落。『魏志倭人伝』の中の「一支国」の王都として特定されており、発掘調査途中のため古代史を書き換えるような発見が相次いでいます。また、平成13年には弥生時代としては国内3ヶ所目の国特別史跡に指定されました。最近では石積み護岸遺構が発見され、注目を集めています。
アクセス方法 芦辺港から車で10分(はるのつじいせき)
お問合せ先 壱岐・原の辻展示館  0920-45-4080


黒崎砲台跡

名称 A黒崎砲台跡 場所 壱岐市郷ノ浦町
新田触
説明 昭和3年8月から6年かけて完成。口径41cmのカノン砲二門の砲台で砲身の長さ18.83m、弾丸の重さ1t、最大射程距離約35km。同じ規模の砲台が韓国釜山と対馬にあったが、ここは一発も実弾を発射することがなかった。巨大な地下要塞であり、巨大な穴を地上からも見ることができる。
アクセス方法 郷ノ浦港から車で20分
お問合せ先 壱岐観光協会   0920-47-3700

月読神社 名称 B月読神社
(つきよみじんじゃ)
場所 壱岐市芦辺町国分東触
説明 古事記では伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が天照大神の次に産んだのが月読尊(つくよみのみこと)とされています。京都の月読神社は、487年に壱岐から分霊したもので、ここは神道の発祥の地とされています。
アクセス
方法
芦辺港から車で10分
お問合せ先 壱岐観光協会  0920-47-3700

「しまの魅力発信映像祭フォトコンテスト応募作品(地域賞:長岡裕子」

 はらほげ地蔵
名称 Cほらほげ
 地蔵
場所 壱岐市芦辺町八幡
説明 六地蔵は六道(地獄・餓鬼・蓄生・修羅・人間・天)において衆生の苦患を救うという六種の地蔵です。海女で有名な八幡浦の海中に祀られています。自然石の頭部で、腹が丸くえぐられているので、はらほげ地蔵と呼ばれています。何のために祀ったかはっきりしていませんが、遭難した海女の冥福のため、鯨の供養慰霊のためなどと伝えらています。
アクセス方法 芦辺港から車で10分
お問合せ先 壱岐観光協会  0920-47-3700


安国寺
名称 D安国寺 場所 壱岐市芦辺町深江栄触
説明 1338年足利尊氏と直義が平和祈願などのため全国六十六箇所と二島に安国寺建立を命じました。「獅子窟」の扁額の掛かる仏殿は二重屋根の重厚な建築物です。室町時代の貴重な宝物が多く、なかでも高麗版大般若経は国の重要文化財で、境内にある宝物展示館で見ることができます。
アクセス方法 芦辺港から車で10分
お問合せ先 壱岐観光協会 0920-47-3700

河合曽良の墓
名称 E河合曽良
  の墓
(かわいそらのはか)
場所 壱岐市勝本町
坂本触
説明 奥の細道に随行し、1710(宝永7)年に勝本浦で客死した松尾芭蕉の高弟・河合曽良を埋葬した墓です。勝本城中腹の能満寺にあります。城山公園の一角に、「春にわれ 乞食やめても 筑紫かな」との句碑が残っています。
アクセス方法 郷ノ浦港から車で20分
お問合せ先 壱岐観光協会  0920-47-3700
Copyright(C)2005 Nagasaki Prefecture All Rights Reserver.
HOME