ながさきの「しま」
HOME > 長崎のしま紹介【平戸】 > 観光
Menu
長崎のしまの紹介
対馬のご紹介
壱岐のご紹介
平戸のご紹介
五島のご紹介
西彼のご紹介
しまを知りたい!
 ・長崎の離島
 ・ながさきのしまQ&A
しまで生活しませんか?
・ながさき田舎暮らし情報局
 ながさき田舎暮らし情報局
 しまで学びませんか?
  (離島留学制度)
ご意見・ご感想募集!サイトマップ関連ページ
    ・ながさきの半島
 ながさきの半島
・体験型観光情報
オーライ!長崎
 オーライ!長崎
   ・長崎の観光
ながさき旅ネット
   ・長崎から世界遺産を!
 長崎から世界遺産を!
   ・長 崎 県
 長崎県
リンク集
    ●リンクについて
   ●文字の拡大表示

平戸のTOP プロフィール 交通アクセス 観光地 海水浴場
体験型観光 宿泊施設 イベント 料理・お土産 有名人・希少生物

長崎のしま紹介【平戸】

観光地
島  名 市  町 自然・景観 歴  史 キャンプ場 レジャー施設 温 泉
宇久島 佐世保市    
黒  島 佐世保市      
大  島 平戸市    
鷹  島 松浦市    
小値賀島 小値賀町    
野崎島 小値賀町    

小値賀島(小値賀町) 【歴史】




牛の塔の写真
名称 @牛の塔 場所 小値賀町中村郷
説明 小値賀島は、その昔2つの島に分かれていました。鎌倉時代に、その埋立工事が行われ、1334年に完成するのですが、その工事で犠牲となった多くの使役牛を憐れみ、約7万個の小石に経文を写して埋納し、その上に供養塔を建立したものが「牛の塔」です。
アクセス
方法
小値賀港より車で5分
お問合せ先 おぢかアイランドツーリズム協会
0959-56-2646





歴史民族資料館の写真
名称 A歴史民俗
  資料館
場所 小値賀町笛吹郷
説明 捕鯨業で財を成し、新田開発や殖産振興など地域の発展に大きく貢献した「小田家」の屋敷跡を利用して、平成元年にオープン。歴史ある母屋部分と現代的な新館が併設されており、旧石器時代〜近代に至るまでの多数の展示資料から、様々な歴史ロマンを感じることが出来ます。 
アクセス方法 笛吹港より車で5分 
お問合せ先 小値賀町歴史民俗資料館 0959−56−4155




阿弥陀寺万日堂の写真
名称 B阿弥陀寺
  万日堂

(あみだまんにちどう)
場所 小値賀町笛吹郷
説明 「小田家」2代目当主 伝治兵衛重利により阿弥陀寺境内に建立された、現存する五島列島最古の木造建築物です。外観は主に塗られた格子目が美しく、道内には小田家歴代の座像が安置されています。
アクセス方法 笛吹港より車で5分
お問合せ先 小値賀町歴史民俗資料館 0959−56−4155


膳所城跡の写真 名称 C膳所城跡
(ぜぜじょうあと)
場所 小値賀町中村郷
説明 松浦定公の居城で現在、新田神社があり、入口脇には顕彰碑と潮見様があります。
アクセス方法 小値賀港より車で 10分
お問合せ先 おぢかアイランドツーリズム協会 0959-56-2646



志々岐神社の写真
名称 D志々岐神社
(ししきじんじゃ)
場所 小値賀町柳郷
説明 「姫の松原」の中ほどにある神社。創立年代は不明。境内には、推定9〜13世紀代の中国の貿易船のものと考えられる「碇石」が納められています。
アクセス方法 笛吹港より車で15分
お問合せ先 小値賀町歴史民俗資料館 0959−56−4155





地の神嶋神社の写真

名称 E地ノ神嶋神社
(ちのこうじまじんじゃ)
場所 小値賀町前方郷
説明 704年に野崎島の沖ノ神嶋神社から分祀された神社です。沖ノ神嶋神社とは、海を挟んで向い合う配置になっており、海側の鳥居を抜けると、正面の野崎島に沖ノ神嶋神社を望むことができます。なお、この鳥居は「鎮信鳥居」と呼ばれており、旧平戸藩領内にだけ建てられたものです。
アクセス方法 笛吹港より車で20分
お問合せ先 小値賀町歴史民俗資料館 0959−56−4155




神方古墳の写真

名称 F神方古墳
(かみがたこふん)
場所 小値賀町前方郷
説明 西暦575年〜625年(古墳時代後期)頃の築造と推定されます。残されているのは玄室下部などの一部ですが、その規模から墳丘15m前後の円墳だったと思われます。五島列島で唯一現存する古墳でもあります。
アクセス方法 笛吹港より車で15分
お問合せ先 小値賀町歴史民俗資料館 0959−56−4155


Copyright(C)2005 Nagasaki Prefecture All Rights Reserver.
HOME