ながさきの「しま」
HOME > 長崎のしま紹介【平戸】 > 観光
Menu
長崎のしまの紹介
対馬のご紹介
壱岐のご紹介
平戸のご紹介
五島のご紹介
西彼のご紹介
しまを知りたい!
 ・長崎の離島
 ・ながさきのしまQ&A
しまで生活しませんか?
・ながさき田舎暮らし情報局
 ながさき田舎暮らし情報局
 ・しまで学びませんか?
  (離島留学制度)
ご意見・ご感想募集!サイトマップ関連ページ
    ・ながさきの半島
 ながさきの半島
・体験型観光情報
オーライ!長崎
 オーライ!長崎
   ・長崎の観光
ながさき旅ネット
   ・長崎から世界遺産を!
 長崎から世界遺産を!
   ・長 崎 県
 長崎県
リンク集
    ●リンクについて
   ●文字の拡大表示

平戸のTOP プロフィール 交通アクセス 観光地 海水浴場
体験型観光 宿泊施設 イベント 料理・お土産 有名人・希少生物

長崎のしま紹介【平戸】

観光地
島  名 市  町 自然・景観 歴  史 キャンプ場 レジャー施設 温 泉
宇久島 佐世保市    
黒  島 佐世保市      
大  島 平戸市    
鷹  島 松浦市    
小値賀島 小値賀町    
野崎島 小値賀町    

大島(平戸市) 【歴史】


朝鮮井戸の写真 名称 @朝鮮井戸 場所 平戸市大島村的山戸田
説明 縄文・弥生時代からの湧き水といわれ、古くから航海時代の船用水として使用されてきました。豊臣秀吉の朝鮮出兵に参加した船団が水を汲んだことからその名がつけられました。
海の側なのに真水という不思議な井戸です。
アクセス
方法
平戸桟橋からフェリー大島で45分
的山桟橋から車で5分
お問合せ先 平戸市教育委員会大島分室   0950-55-2511
▲このページのTOPへ戻る

神浦のまちまみの写真
「しまの魅力発信映像祭フォトコンテスト
応募作品」

名称 A神浦のまちなみ 場所 平戸市大島村前平
説明 神浦のまちなみは、中世末期から近世初頭にかけて成立した漁村集落が、鯨組の創業と廃業を経て近世の港町へと発展し、神浦港沿いにゆるやかに曲折する通りに面して、江戸中期から昭和初期に建てられた建物が数多く残され、離島の港町の景観を色濃く残したまちなみです。
平成20年に、国の「重要伝統的建造物群保存地区(港町)」に選定されました。
アクセス
方法
平戸桟橋からフェリー大島で40分
神浦桟橋から歩いて5分
お問合せ先 平戸市教育委員会大島分室   0950-55-2511
▲このページのTOPへ戻る

名称 Bふるさと資料館 場所 平戸市大島村前平
説明 大島は、「肥前風土記」に記された“大家島”に比定されており古くから海上交通の要衝として開け、中世の豪族大島氏は、戦国の世に西海の雄として活躍しています。近世に入ると井元氏の捕鯨業が栄え、「鯨一頭獲れば七浦賑わう」と言われたように、庶民の生活を救い、藩の財政を潤しました。
ふるさと資料館には岳の下古墳出土品、捕鯨[潮吹出の図]、生活民具、古書など大島の歴史的文化的資料が多数展示されています。
アクセス
方法
平戸桟橋からフェリー大島で40分
神浦桟橋から車で5分
お問合せ先 平戸市教育委員会大島分室   0950-55-2511
▲このページのTOPへ戻る
Copyright(C)2005 Nagasaki Prefecture All Rights Reserver.
HOME