ホーム > 新着&イベント情報一覧 > 【7/14】地域リスクコミュニケーションの結果について

【7/14】地域リスクコミュニケーションの結果について

[2017/08/24更新]

長崎県食品の安全・安心サポーターにご協力いただき、地域リスクコミュニケーションを開催しました。

7月14日(金)、「家族みんなで考えよう食中毒」をテーマに、長崎市小ヶ倉町にてお話をさせていただきました。

講義後、参加者からご質問を受け、意見交換を行いました。(講義については、生活衛生課対応)

 

【会場の様子】

 

 

【質疑応答】

Q1.飾りのアジサイの葉を食べての食中毒の話があったが、食べなければ大丈夫か。葉に触れた食品を食べても大丈夫か。

A1.葉に触れた食品を食べても大丈夫。飾りに使ってあっても、普通は食べないと思う。

 

Q2.カキを食べてあたったことがある。食中毒とは別の自然毒になるのか。

A2.3月ごろであれば、原因はいろいろ考えられるが、ノロウイルスの可能性は高い。ノロウイルスであれば、加熱すれば大丈夫。酢でしめた物は、雑菌には効果があるかもしれないが、病原体には効果はない。

 

Q3.肉を触った後、ハンドソープで洗った方がいいのか、台所用洗剤で洗った方がいいのか。

A3.台所用洗剤は消毒効果はないが、油と一緒に汚れは落ちる。それだけでも大分違うとは思う。次に、そのまま口に入れるものを扱うのであれば、消毒効果のあるもので洗った方がよい。

 

 

参考:家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(0.6MB)