長崎県

発達障害者支援センター

業務内容

発達障害者支援センター「しおさい(潮彩)」は、自閉スペクトラム症、LD(限局性学習症)、ADHD(注意欠如・多動症)など、発達障害を有する本人や家族、関係機関への支援を行う専門機関です。
    開設時間 : 毎週月曜~金曜日 9:00~17:00 (土・日・祝祭日、年末年始を除く)

利用案内

自閉症等の相談・診療の医療機関名簿

ガイドブック

 

 

長崎県諫早市永昌東町24番3号

長崎県立こども医療福祉センター内 2階


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • お車でお越しの方は、駐車場がありますのでご利用ください。
  • 相談予約をされている方は、こども医療福祉センターの受付は行わず、直接、発達障害者支援センター事務所へお越しください。

しおさいについて

「しおさい(潮彩)」という愛称
美しい島々と、蒼い海に囲まれた、長崎県のイメージから名付けました。
『潮』には、「時」「うるおい」「チャンス」という意味があります。『彩』には、「1人ひとりが豊かな生活を送る」という意味を込めました。
生きている「とき(時)」の中で、多くの潤いやチャンスがめぐり、みなさんにとって豊かな生活の実現が叶うような支援を目指します。

「しおさい(潮彩)」の目的
自閉症スペクトラムなどの特有な発達障害を有する本人や家族、その方々とかかわりのある関係機関の職員などに対して、支援を行います。

「しおさい(潮彩)」が目指す支援
1.1人ひとりのニーズを大切にした個別支援
2.1人ひとりの育ちに即した継続的な生涯支援
3.さまざまな分野の方々との協働支援
4.自閉症・発達障害児(者)への理解を促す普及・啓発支援

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー