長崎県

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県総合防災ポータル

長崎県総合防災ポータル
  • 防災トップ
  • 緊急・災害
  • 天気・観測
  • 地震・津波
  • 交通・道路・生活
  • 国民保護
  • もしものときに

長崎県庁ではどんな防災の仕事をしているの?

ながさきけんちょうでは、どんなぼうさいのしごとをしているの?

まず、県民のみなさんを災害から守るため、被害が少なくすむようにしたり、元どおりの生活に早く戻れるようにするために、県庁がしなければならないことをまとめた計画(「長崎県地域防災計画」や「長崎県国民保護計画」といいます)をつくって災害に備えています。

まず、けんみんのみなさんを、さいがいからまもるため、ひがいがすくなくすむようにしたり、もとどおりのせいかつに、はやくもどれるようにするために、けんちょうが、しなければならないことを、まとめたけいかく(「ながさきけんちいきぼうさいけいかく」や「ながさきけんこくみんほごけいかく」といいます)をつくって、さいがいにそなえています。

県庁では、この計画にしたがって、いろいろな部署が役割分担をして、防災の仕事をしています。

けんちょうでは、このけいかくにしたがって、いろいろなぶしょが、やくわりぶんたんをして、ぼうさいのしごとをしています。

そして、自然災害がおこりそうな時やおこった時には、地元の市役所または町役場が中心となって住民のみなさんの救援活動をおこないますが、県内の複数の市や町の広い範囲で、災害がおこりそうな時や、おこった時などは、市や町の活動を助けたり、まとめ役になって活動がスムーズにできるようにする仕事をします。

そして、しぜんさいがいがおこりそうなときや、おこったときには、じもとのしやくしょ、またはまちやくばがちゅうしんとなって、じゅうみんのみなさんの、きゅうえんかつどうを、おこないますが、けんないのふくすうの、しやまちのひろいはんいで、さいがいが、おこりそうなときや、おこったときなどは、しやまちのかつどうをたすけたり、まとめやくになって、かつどうが、すむーずにできるようにするしごとをします。

また、防災ヘリコプターをつかって、災害現場の情報を集めたり、救助や、すぐに大きな病院で手当をしなければならない離島の重症患者さんを運ぶ仕事もしています。

また、ぼうさいへりこぷたーをつかって、さいがいげんばのじょうほうをあつめたり、きゅうじょや、すぐに、おおきなびょういんで、てあてをしなければならない、りとうのじゅうしょうかんじゃさんを運ぶしごともしています。

ほかには、もしも、テロリストなどが爆弾や毒ガスなどで大規模な破壊活動をしたり、外国の軍隊が攻撃してきた場合(「武力攻撃災害等」といいます)には、国や市役所または町役場と協力しながら、住民のみなさんを安全な場所へ避難誘導したり、救援できるようにするための仕事をしています。

ほかには、もしも、てろりすとなどが、ばくだんやどくがすなどで、だいきぼなはかいかつどうをしたり、がいこくのぐんたいが、こうげきしてきたばあい(「ぶりょくこうげきさいがいとう」といいます)には、くにやしやくしょ、またはまちやくばと、きょうりょくしながら、じゅうみんのみなさんを、あんぜんなばしょへ、ひなんゆうどうしたり、きゅうえんできるようにするためのしごとをしています。