Welcome to Nagasaki Prefectural World Heritage Registration Promotion Division

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

天草の﨑津集落

生業に根差した身近なものをキリシタンの信心具として代用することにより、自らの信仰を密かに継続しようとした潜伏キリシタンの集落です。禁教期の﨑津集落では、指導者を中心として自分たち自身で密かに信仰を続ける過程で、大黒天及び恵比須神をキリスト教唯一の神であるデウスとして崇拝し、アワビの貝殻模様を聖母マリアに見立てるなど、漁村独特の信仰形態が育まれた。キリスト教解禁後、﨑津の潜伏キリシタンはカトリックへと復帰し、禁教期に密かに祈りを捧げた神社の隣接地に教会堂が建てられました。

おらしょ-こころ旅サイトでコラムを読む

﨑津教会堂(おらしょ-こころ旅サイト)
﨑津諏訪神社(おらしょ-こころ旅サイト)

※崎津の「崎」について、正しくは山偏に竒です

教会堂見学の事前連絡のお願い

集落内にある教会堂を見学する場合には、事前連絡をお願いします。

天草の崎津集落
● 天草の崎津集落:国選定重要文化的景観

◎ 所在地/熊本県天草市河浦町崎津
  • アクセス/