Welcome to Nagasaki Prefectural World Heritage Registration Promotion Division

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

大浦天主堂

潜伏キリシタンが新たな信仰の局面を迎える契機となった「信徒発見」の場所です。それは自由に信仰を表明することのできなかった潜伏キリシタンが既存の社会・宗教と共生しつつ自らの信仰を継続することにより育んだ伝統が変容し、終焉を迎える契機となりました。大浦天主堂は、19世紀後半の日本の開国により来日した宣教師が1864年に建造した教会堂であり、16世紀に長崎において殉教した26聖人に捧げられた。献堂の直後、長崎近郊の潜伏キリシタンが密かに訪れ、自分たちの信仰を宣教師に告白した「信徒発見」の舞台です。その後に続く大浦天主堂の宣教師と各地の潜伏キリシタン集落の指導者との接触は、それぞれの集落において新たな信仰の局面をもたらしました。

おらしょ-こころ旅サイトでコラムを読む

大浦天主堂(おらしょ-こころ旅サイト)
旧羅典神学校(おらしょ-こころ旅サイト)
旧長崎大司教館(おらしょ-こころ旅サイト)

インターネット放送局で動画を見る

大浦天主堂の紹介ビデオを見る(よかよかテレビ)
旧羅典神学校の紹介ビデオを見る(よかよかテレビ)
旧大司教館の紹介ビデオを見る(よかよかテレビ)
大浦天主堂
● 大浦天主堂:国宝

◎ 所在地/〒850-0931 長崎県長崎市南山手町5-3
◎ 竣工/1864年
◎ 構造/煉瓦造
  • アクセス/JR長崎駅前から路面電車(正覚寺行乗車、築町乗換え、石橋行乗車)利用20分、大浦天主堂下下車、徒歩5分