Welcome to Nagasaki Prefectural World Heritage Registration Promotion Division

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

外海の大野集落

日本古来の神道に基づく神社に対して、潜伏キリシタンが自らの信仰の対象を密かに重ねることにより、密かに信仰を継続しようとした潜伏キリシタンの集落です。大野集落の潜伏キリシタンは自らの信仰を装うために集落内の神社の氏子となり、神社に自らの信仰対象を密かに祀り、在来宗教である神道における祭祀の場と潜伏キリシタンの信仰における祈りの場とを共存させました。解禁後にカトリックへと復帰した大野集落の潜伏キリシタンは、当初、外海の出津集落に所在する出津教会堂へと通っていましたが、その後、自らの集落の中心に大野教会堂を建造して祈りの場としました。

おらしょ-こころ旅サイトでコラムを読む

大野教会堂(おらしょ-こころ旅サイト)

インターネット放送局で動画を見る

大野教会堂(よかよかテレビ)

教会堂見学の事前連絡のお願い

集落内にある教会堂を見学する場合には、事前連絡をお願いします。

外海の大野集落
◎ 所在地/長崎県長崎市下大野町