Welcome to Nagasaki Prefectural World Heritage Registration Promotion Division

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

黒島の集落

19世紀半ばに潜伏キリシタンが藩の牧場跡の再開発地となっていた場所へ移住し、信仰を継続しようとした潜伏キリシタンの集落です。平戸藩が黒島の牧場跡地への耕作移住を奨励したのに応じて、島外各地から黒島へと移住した潜伏キリシタンは、表向き所属していた仏教寺院で密かに「マリア観音」の像に祈りを捧げ、既存の仏教集落の非干渉にも助けられて、自らの信仰を継続しました。解禁後はカトリックへと復帰し、かつての水方屋敷を「仮の聖堂」とした後、島の中心部に教会堂を建造しました。

おらしょ-こころ旅サイトでコラムを読む

黒島天主堂(おらしょ-こころ旅サイト)

インターネット放送局で動画を見る

黒島天主堂(よかよかテレビ)

教会堂見学の事前連絡のお願い

集落内の教会堂を見学する場合には、事前連絡をお願いします。

黒島の集落
● 黒島の集落:国選定重要文化的景観

◎ 所在地/長崎県佐世保市黒島町