Welcome to Nagasaki Prefectural World Heritage Registration Promotion Division

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

久賀島の集落

潜伏キリシタンが藩の開拓移民政策に従い、未開拓池に移住して自らの信仰を継続しようとした潜伏キリシタンの集落です。外海から久賀島へと移住した潜伏キリシタンは在来の仏教集落から離れた場所に集落を形成する一方、漁業又は農業に伴う作業をともに行うことで仏教集落の住民とも互助関係を築き、密かに潜伏キリシタンとしての信仰を継続しました。1865年の大浦天主堂における「信徒発見」の後、久賀島の潜伏キリシタンは最後の弾圧を乗り越えてカトリックへと復帰し、各集落に新たに教会堂を建造しました。

おらしょ-こころ旅サイトでコラムを読む

旧五輪教会堂(おらしょ-こころ旅サイト)

インターネット放送局で動画を見る

旧五輪教会堂(よかよかテレビ)

教会堂見学の事前連絡のお願い

集落内の教会堂(久賀島は旧五輪教会堂のみ)を見学する場合には、事前連絡をお願いします。

久賀島の集落
● 国選定重要文化的景観

◎ 所在地/長崎県五島市蕨町