Welcome to Nagasaki Prefectural World Heritage Registration Promotion Division

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

奈留島の江上集落(江上天主堂とその周辺)

潜伏キリシタンが禁教下の移住という過酷な条件の中で移住先の社会・宗教とも共生しつつ自らの信仰を継続した潜伏キリシタンの集落です。江上に移住した潜伏キリシタンは、既存の集落から離れた海に近い谷間に居を構え、僅かな農地及び漁業で生計を営みつつ、自らの信仰を組織的に継続しました。キリスト教の解禁後、彼らはカトリックへと復帰し、湧水に恵まれ防風に優れた場所に、湿度及び風通しにも配慮した在来技術を用いて木造の教会堂を建造しました。それは、江上に固有の迫地形及び在来の建築意匠・工法に基づいた風土的特徴とカトリック教会としての西洋的特徴との融合がもたらした教会堂の代表例です。

おらしょ-こころ旅サイトでコラムを読む

江上天主堂(おらしょ-こころ旅サイト)

インターネット放送局で動画を見る

江上天主堂(よかよかテレビ)

教会堂見学の事前連絡のお願い

集落内の教会堂を見学する場合には、事前連絡をお願いします。

奈留島の江上集落(江上天主堂とその周辺)