長崎県

第44回長崎県人権教育研究大会 第20回諫早市人権教育研究大会


担当課 人権・同和対策課
担当者名 吉井隆司・丸山朋子
電話番号 直通:826-2585
内線:2323
2019年7月19日更新

目的

「人権文化に満ちた豊かな地域社会を実現しよう」をテーマに、講演や学校・地域における取組の紹介を通して、人と人とのつながりが大切にされる温もりのある地域社会づくりについて考える研究大会を開催します。

日時

1日目:令和元年8月1日(木曜日)13時00分から16時20分(受付は12時から)
2日目:令和元年8月2日(金曜日)9時30分から16時30分まで(受付は9時から)

場所

諫早文化会館(諫早市宇都町9-2)                                                                                                                                                                                                                                                  

内容・特色

市内外の人権教育関係者や一般の方、約1,000名が1日目の全体会に、2日目の分科会に約500名が参加見込。
1日目:全国各地で、「一人芝居」による講演活動をされている福永(ふくなが)宅司(たくじ)氏を迎え、第1部では講演:「人権・
       同和教育に夢とロマンを」、第2部では一人芝居:「15才 学校4(山田洋次監督作品より)」を行う。
2日目:各分科会に分かれて研修会を行う。
      特別分科会:「虐待やいじめを受けた子どもに対する支援活動についての講演(草野紀視子氏)」「障害のある人の
      人権について考えるトークライブ(あそどっぐ氏)」「性的少数者の人権を取り上げた『彼らが本気で編むときは、』
      の映画上映」 
      第1分科会:子どもたちの学力や進路を保障していくために取り組んだ実践をもとに協議を行う。
      第2分科会:子どもたちが「なかま」としてつながるために取り組んだ実践をもとに協議を行う。
      第3分科会:同和問題やLGBTなどについて取り組んだ授業実践をもとに協議を行う。

資料

第44回長崎県人権教育研究大会第20回諫早市人権教育研究大会 二次案内[PDFファイル/917KB]

 

先頭に戻る

メニュー