長崎県

第22回オープン収蔵展示について


担当課 長崎県埋蔵文化財センター
担当者名 寺田、近藤
電話番号 代表:0920-45-4080
2018年9月4日更新

1.事業趣旨  

長崎県埋蔵文化財センターが収蔵する県内遺跡の出土品を、ガラス張りとなったオープン収蔵庫を活用してテーマを定め展示することで、調査研究の成果をわかりやすく広報する。

 

2.題名  

土器のおはなし展―土器メンタリーながさき―

 

3.場所  

長崎県埋蔵文化財センター・壱岐市立一支国博物館 1階オープン収蔵展示室

 

4.期間  

平成30年9月7日(金曜日)から平成31年3月3日(日曜日)まで

 

5.展示内容   

県内の遺跡から出土した縄文時代から古代までの土器を、時代や形式、文様別に分かりやすく紹介します。

 

6.主な展示品   

豆粒文土器レプリカ(泉福寺洞窟:佐世保市)、黒色磨研土器(黒丸遺跡:大村市)、深鉢形土器(大浜遺跡:五島市)、有孔土製品(名切遺跡:壱岐市)、土師器高杯(久留里遺跡:時津町)、壱岐高校東アジア歴史・中国語コース生徒による土器研究発表 など

 

7.その他  

オープン収蔵展示の観覧は無料です。

 第22回オープン収蔵展示ポスター[PDFファイル/95KB]

先頭に戻る

メニュー