長崎県

競技用ボート距離表示看板作成のお知らせ(高校漕艇部の生徒が距離表示看板を手作りします!)


担当課 県央振興局 管理部 地域づくり推進課
担当者名 芹口、蓑川
電話番号 直通:0957-22-0031
内線:204
2018年3月13日更新

目的

 1級河川本明川は、4,000m以上の直線距離を確保できる河川で、風や波の影響を受けにくい穏やかな水域であることから、県内唯一の実業団ボートチームや高校漕艇部が競技用ボートの練習拠点として活用しております。また、最近では県内だけでなく県外からも社会人や大学生、高校生チームが合宿に訪れており、競技用ボートの練習拠点として注目を集めております。
 この度、ボートの練習場として利便性を高めるため、下記のとおり当該水域を活用している高校生と一緒に距離表示看板を作成いたしますのでお知らせします。

日時

平成30年3月17日(土曜日)8時30分から12時終了予定

場所

諌早本明川水上競技場艇庫(長崎県諌早市川内町1394-1)

参加者(予定)

競技用ボート実業団(チョープロ・ローイングクラブ) 、大村高校漕艇部、大村城南高校漕艇部、長崎県県央振興局、諫早市

※25名程度で作成いたします。

内容・特色

0mから4,000mの距離表示看板18枚を手作りします。

※雨天時は、艇庫内で作業します。

資料

 距離表示看板完成イメージ図[PDFファイル/272KB]

写真

本明川艇庫写真(全景)

本明川艇庫写真(全景)

 

練習風景

練習風景

 

試作看板作成の様子

試作看板作成の様子

先頭に戻る

メニュー