長崎県

県内全37ダムのダムカード配布を開始します


担当課 河川課
担当者名 吉田、田中
電話番号 直通:095-822-0397
内線:3083
2017年11月17日更新

長崎県では、平成26年からダムカードを作成し、これまで15のダムカードを配布していましたが、この度、国土交通省が所管する県管理ダム35基及び建設中ダム2基を合わせた全37ダムのダムカードが完成し、土木の日(11月18日)から配布を開始します。

県は、県管理の多目的ダム及び治水ダムとしては日本一となる35基のダムを有しており、ダムカードは、ダムの役割や関連する情報について周知を図り、ダムへの理解を深めていただくことを目的としています。

過去に諫早大水害や長崎大水害といった大災害を経験している本県にとって、ダムは、県民の皆さんの安全・安心を守るために必要な施設として、各地域で洪水に備え、生活用水の供給など、縁の下の力持ちとして地域の皆さんの暮らしを支えています。

今年は、諫早大水害から60年、長崎大水害から35年の節目となる年であり、全ダムのダムカードを作成しました。

県民の皆様にダムを訪問していただき、防災について考えていただく機会となることを期待しています。

 

各ダムカードの配布場所や配布時間については、次のURLをご参照ください。

ダムカード配布場所一覧

http://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/machidukuri/kasen-sabo/nagamizube/damcard/310486.html

 

なお、今年7月、本河内高部ダム及び本河内低部ダムが国の重要文化財に指定されたことを受け、この記念に両ダムのプレミアムダムカードを作成いたしましたので合わせてお知らせします。

プレミアムダムカード

http://www.pref.nagasaki.jp/object/kenkaranooshirase/oshirase/313729.html

先頭に戻る

メニュー