長崎県

未熟児養育医療


2018年1月12日更新

未熟児養育医療の給付は、平成25年4月からお住まいの市町へ移行しました。詳しくはお住まいの市町へお問い合わせ下さい。

申請書提出、お問い合わせ窓口

市町名 担当課 電話番号
長崎市 こども健康課 095-829-1255
佐世保市 子ども保健課 0956-24-1111
島原市 こども課 0957-63-1111
諫早市 こども支援課 0957-22-1500
大村市 こども家庭課 0957-54-9100
平戸市 福祉課 0950-22-4111
松浦市 子育て・こども課 0956-72-1111
対馬市 福祉課 0920-58-1119
壱岐市 こども家庭課 0920-48-1111
五島市 国保・健康政策課 0959-74-5831
西海市 こども課 0959-37-0029
雲仙市 子ども支援課 0957-36-2500
南島原市 こども未来課 0957-73-6652
長与町 こども政策課 095-883-1111
時津町 国保・健康増進課 095-882-3938
東彼杵町 町民課 0957-46-1111
川棚町 住民福祉課 0956-82-3131
波佐見町 住民福祉課 0956-85-2111
小値賀町 住民課 0959-56-3111
佐々町 健康相談センター 0956-63-5800
新上五島町 こども課 0959-53-1133

目的

未熟児として生まれたお子さんは、正常な新生児に比べて生活能力が著しく劣っており家庭で養育することが難しいため、医師が入院治療が必要と認めたお子さんに対し、必要な医療の給付を行うことを目的としています。

対象者

  1.  出生時体重が2,000グラム以下の未熟児
  2.  生活力が特に弱く、以下のいずれかの症状を示すもの
  • 一般状態
    運動不安、けいれんがあるもの
    運動が異常に少ないもの
  • 体温が摂氏34度以下のもの
  • 呼吸器・循環器系
    強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
    呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、又は毎分30以下のもの
    出血傾向の強いもの
  •  消化器系
    生後24時間以上排便のないもの
    生後48時間以上嘔吐が持続しているもの
    血性吐物、血性便のあるもの
  • 黄疸
     生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

給付の内容

 診察、医学的処置、手術及びその他の治療等(入院治療のみが対象です。)
 ただし、保険対象外のオムツ代などは除外されます。

給付の方法

 未熟児養育医療に係る経費は市町が治療を行った指定養育医療機関に全額を支払ったのち、自己負担分を保護者の方に市町が発行する納入通知書によりお支払いいただきます。

自己負担

児童の属する世帯の前年分の所得税額等に応じて、保護者負担徴収基準額表により自己負担が決定されます。

 県内指定養育医療機関一覧

医療機関名 郵便番号 住所 電話番号
長崎大学病院 852-8501 長崎市坂本町1-7-1 095-819-7200
国立病院機構長崎医療センター 856-8562 大村市久原2-1001-1 0957-52-3121
長崎みなとメディカルセンター 850-8555 長崎市新地町6-39 095-822-3251
佐世保市総合医療センター 857-8511 佐世保市平瀬町9-3 0956-24-1515
長崎県壱岐病院 811-5132 壱岐市郷ノ浦町東触1626 0920-47-1131
佐世保共済病院 857-8575 佐世保市島地町10-17 0956-22-5136
健康保険組合諫早総合病院 854-8501 諫早市永昌東町24-1 0957-22-1380
長崎県五島中央病院 853-0031 五島市吉久木町205 0959-72-3181
長崎県上五島病院 857-4404 南松浦郡新上五島町青方郷1549-11 0959-52-3000
品川病院 811-5104 壱岐市郷ノ浦町東触854-2 0920-47-0121
長崎県対馬病院 817-0322 対馬市美津島町鶏知乙1168-7 0920-54-7111

 ※県外の医療機関については、その医療機関の所在地の都道府県が養育医療機関に指定していれば、長崎県の指定養育医療機関とみなします。

保護者負担金徴収基準額表

階層区分  世帯階層区分

徴収基準月額(円)

徴収基準加算月額(円)

A 生活保護法による被保護世帯及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律による支援給付受給世帯  0 0
B 市町村民税非課税世帯  2,600 260
C1 所得税非課税世帯 市町村民税均等割のみ課税世帯 5,400 540
C2 市町村民税所得割課税世帯 7,900 790
D1 所得税課税世帯の所得税額による区分 所得税額15,000円以下 10,800 1,080
D2 15,001円から40,000円 16,200 1,620
D3 40,001円から70,000円 22,400 2,240
D4 70,001円から183,000円 34,800 3,480
D5 183,001円から
403,000円
49,400 4,940
D6

403,001円から
703,000円

65,000 6,500
D7 703,001円から1,078,000円 82,400 8,240
D8 1,078,001円から1,632,000円          102,000 10,200
D9 1,632,001円から2,303,000円 123,400 12,340
D10 2,303,001円から3,117,000円 147,000 14,700
D11 3,117,001円から4,173,000円 172,500 17,250
D12 4,173,001円から5,334,000円 199,900 19,990
D13 5,334,001円から6,674,000円 229,400 22,940
D14 6,674,001円以上 全額 左欄の基準月額の10パーセント。ただし、その額が26,300円に満たない場合は,26,300円
  • 同一の世帯にC階層に属する扶養義務者が2人以上いる場合において、扶養義務者がそれぞれC1階層及びC2階層に属するときは、当該世帯の階層はC2階層とする。
  • 同一の世帯に前年分の所得税を課されている扶養義務者が2人以上いる場合における当該世帯の階層は、それぞれの扶養義務者の前年分の所得税額の合計額により決定する。

 

このページの掲載元

  • こども家庭課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2442
  • ファクシミリ:095-825-6470
先頭に戻る

メニュー