長崎県

ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業


2018年8月15日更新

ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業とは

 より良い条件で就職や転職につながるよう、ひとり親家庭の親の学び直しを支援します。
 本事業では、高等学校を卒業していない(中退を含む。)ひとり親家庭の親が、高等学校を卒業した者と同等以上の学力を有すると認められる高等学校卒業程度認定試験(以下「高卒認定試験」という。)合格のための講座(通信講座を含む)を受け、これを修了した時及び合格した時に受講費用の一部を支給します。
 高卒認定試験に合格すると、高卒程度の学歴を要件とする就職や資格試験に挑戦することができるようになり、選択肢が増えることで、より良い条件での就職や転職に向けた可能性が広がります。

対象者

 ひとり親家庭の親又は児童であって、次の各号に掲げる受給要件の全てを満たす者 (その者が住所を県の福祉事務所の管轄区域内に有する場合に限る。ただし、受講対象講座の指定通知を受けた者で特に知事が必要と認めた場合は、この限りでない)
 ただし、高等学校卒業者及び大学入学資格検定・高卒認定試験合格者など既に大学入学資格を取得している者は対象としない

県福祉事務所 管轄区域
西彼福祉事務所 長与町、時津町
東彼・北松福祉事務所 東彼杵町、川棚町、波佐見町、佐々町
上五島福祉事務所 新上五島町
  • 児童扶養手当の支給を受けていること又は当該手当の支給要件と同等の所得水準にあること
  • 支給を受けようとする者の就業経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況から判断して、高卒認定試験に合格することが適職に就くために必要であると認められる者であること
  • 本給付金の支給を受けたことがないこと(特に必要と認められる場合を除く)

対象講座

 高卒認定試験の合格を目指す講座(通信制講座を含む)
 ただし、高卒認定試験の試験科目の免除を受けるために高等学校に在籍して単位を修得する講座を受け、高等学校等就学支援金制度の支給対象となる場合は、本事業の対象としない

給付金の種類

 給付金名

支給額 留意事項

受講修了時給付金

受講費用の2割(上限10万円)

1万2千円を超えない場合は支給しない 

合格時給付金 受講費用の4割(受講修了時給付金と合わせて上限15万円) 受講修了時給付金の支給を受けた者が受講修了日から起算して2年以内に高卒認定試験に全科目合格した場合に支給する

 問い合わせ先

 現在、本事業は県のみ実施しています。
 町(長与町、時津町、東彼杵町、川棚町、波佐見町、佐々町、新上五島町)にお住まいの方は県の福祉事務所の相談窓口(母子・父子自立支援員)へご相談ください。
 お住まいの福祉事務所の相談窓口の連絡先は下の「各福祉事務所の連絡先一覧表」をクリックしてご覧ください。
 各福祉事務所等の連絡先一覧表[PDFファイル/9KB]

このページの掲載元

  • こども家庭課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2442
  • ファクシミリ:095-825-6470
先頭に戻る

メニュー