長崎県

建築士の関与について


2013年7月22日更新
建築士法では、建築物を新築または増築等する場合、建築物の構造・規模により建築士でなければできない設計又は工事監理が規定されています。新築または増築等をされる際は窓口までご相談下さい。

建築士でなければできない設計又は工事監理

  一級建築士 二級建築士 木造建築士
鉄筋コンクリート造、鉄骨造など

・300m2超
・高さ13m又は軒の高さ9m超

・30m2超
・階数が3以上
木造 ・学校、病院、集会場等の用途で500m2超
・高さ13m又は軒の高さ9m超
・1,000m2超かつ階数が2以上
・300m2超
・階数が3以上
・100m2超

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー