長崎県

平成29年度薬物乱用防止推進ポスターの募集について


2017年6月16日更新

覚醒剤、大麻、危険ドラッグ等の薬物の乱用は、乱用者本人の健康に悪影響を及ぼすのみならず、各種犯罪の誘因となるなど、公共の福祉に計り知れない危害をもたらします。

近年、全国的に、危険ドラッグの規制強化により街頭店舗での入手はできなくなったものの、流通ルートの潜在化が懸念されているほか、中毒性が低いという誤った認識で大麻を乱用する若者が増加傾向にあり、県内においても平成29年3月に高校生7名を含む少年9名が大麻所持容疑により書類送検される事件があったことから、県内の若年者に対する大麻を中心とした薬物に対する正しい知識の一層の普及啓発が求められています。

このような状況において、早い段階から薬物に対する正しい知識の普及を図り薬物乱用を断る固い意志を身につけさせることは重要であることに鑑み、中高生に対する薬物乱用防止の意識付けを一層図るため、中高生を対象とした標記ポスターの募集を今年度も別添募集要領により実施します。

募集要領

募集要領[PDFファイル/21KB]

応募者名簿(様式Word)

(様式)応募者名簿[Wordファイル/1MB] 

 

このページの掲載元

  • 薬務行政室
  • 住所:長崎県長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-895-2469
  • ファクシミリ:095-895-2574
先頭に戻る

メニュー