長崎県

6月から8月は農薬危害防止運動月間です


2020年6月8日更新

6月から8月までの3か月間は、農薬危害防止運動月間です。

農薬を使用する機会が増える時期です。事故を防ぐため、特に以下のことに気をつけましょう。

  • 農薬を使う前にはラベルに記載されている注意事項をよく読み、使用方法や使用上の注意を守りましょう。
  • クロルピクリン剤等の土壌くん蒸剤の使用をするときは、揮散した薬剤が周辺に影響を与えないよう風向き等に十分注意するとともに、直ちに適正な厚さの資材を用いて被覆を完全に行いましょう。また、散布後は、ほ場に立て札を立てる等により、関係者以外の者の立入りを防ぐようにしましょう。
  • 散布の際には、周辺への飛散に気を付け、周囲の作物、住宅、家畜、河川などへの影響に注意しましょう。
  • 散布後は十分に器具を洗浄し、農薬の保管場所には必ず鍵をかける等適切に管理し、誤飲・誤食を防止しましょう。

農薬危害防止運動ポスター[PDFファイル/3MB]

長崎県農薬危害防止運動実施要綱[PDFファイル/2MB]

このページの掲載元

  • 農業経営課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2931
  • ファクシミリ:095-895-2591
先頭に戻る

メニュー