長崎県

安全・安心対策のお知らせ


2020年6月17日更新

問い合せ先:水産加工流通課 直通 095-895-2873

長崎県では、本県養殖魚の安全・安心を広くアピールし、本県養殖業の健全な発展と消費者の健全な食生活の維持を図るために、「適正養殖業者認定制度」と「水産用医薬品等適正使用確認調査」、「養殖カキのノロウイルス検査」等、様々な取組を実施しています。
このほか、各地の水産業普及指導センターによる現地指導などにより、適正養殖の徹底を図っています。

適正養殖業者認定制度

 

適正養殖業者認定制度についてはこちら

 養殖カキのノロウィルス検査

  • 検査対象:県内の主要養殖産地の養殖カキ(有明海、橘湾、大村湾、九十九島、平戸海域他)
  • 検査回数:令和2年度は31検体の検査を予定
  • 検査項目:ノロウイルスの検出の有無
  • 調査手法:「ノロウイルスの検出法について」平成15年11月5日付け(最終改正:平成25年10月22日付け)厚生労働省医薬食品局監視安全課長通知に基づくRT-PCR法    

※RT-PCR法:ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)をベースにした定性法で、検体である貝類からノロウィルスRNAを抽出する手法として確立されているもの

令和2年度養殖カキのノロウィルス検査結果

  令和2年4月、5月養殖カキのノロウイルス検査結果[PDFファイル/80KB]

このページの掲載元

  • 水産加工流通課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2871
  • ファクシミリ:095-895-2585
先頭に戻る

メニュー