長崎県

『がん市民公開講座』の開催について


2019年9月11日更新

 生活様式の欧米化等の影響もあり、日本でも大腸がんに罹る方が増えていることは、皆さんご存知でしょうか。

近年、本県でも大腸がんは急増しています。男女ともに増加傾向で、1985年と2015年データで大腸がん罹患者数を比較すると約4倍に増えています。※長崎県がん登録 1985年 661人 2015年 2,514人

 また、昨年公表された全国がん登録によると、本県の大腸がん年齢調整罹患率は、男性が全国ワースト4位、女性がワースト2位と、全国的にみても県内で大腸がんに罹る方が多いという結果ででています。

国の地域がん診療連携拠点病院に指定されている長崎県島原病院は、毎年、様々なテーマでがんに関する講演会を開催していますが、今回は、この大腸がんにスポットあて講演会を開催します。

早期治療・早期発見は、がん克服の第一歩です。この機会に、食生活や運動習慣等生活習慣の見直し(一次予防)や、定期的ながん検診受診(二次予防)、そしていざという時のためのがん医療情報など多くのヒントをゲットしましょう。

皆様、お誘いあわせのうえ、ご来場ください。

詳しくは、こちらのがん市民公開講座チラシ[PDFファイル/1MB]をご覧ください。

 

 開催日時 令和元年10月5日(土曜日)13時30分から16時まで(13時開場)

 開催場所 島原文化会館大ホール(島原市城内1丁目1177-2)

 主な内容 ◇大腸がんについて

      ◇島原市のがん検診の現状

      ◇ここまで来た、内視鏡診断と治療

      ◇手術療法

      ◇大腸がんの薬物療法

      ◇食事とがん予防

 問い合わせ先 長崎県島原病院 地域医療支援センター

        電話 0957-63-1145(代表)

 

このページの掲載元

  • 医療政策課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-824-1111
  • ファクシミリ:095-895-2573
先頭に戻る

メニュー