長崎県

エネルギーハーベスティング(環境発電)に関する技術セミナー(10月11日)


2019年7月19日更新

 工業技術センターの業務について、日頃よりご支援、ご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。
 工業技術センターでは、県内企業への基盤技術および技術情報の提供を目的に、技術セミナーおよび研究会活動を積極的に推進しています。
 今回、表題の技術セミナーを下記のとおり開催しますので、ご多用中とは存じますが、是非、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

日時

令和元年10月11日(金曜日)、午後1時30分から4時まで

場所

長崎県工業技術センター 2階 地域融合化促進室

内容

  エネルギーハーベスティング技術とは、周りの環境から微小なエネルギーを収穫(ハーベスト)して、電力に変換する技術のことで、別名「環境発電技術」と呼ばれています。光、熱(温度差)、振動及び電波など様々な形態で環境中に存在するエネルギーを電力に変換するエネルギーハーベスティング技術は、充電、取り替え及び燃料補給なしで長期間エネルギー供給が可能な電源として、「いつでも、どこでも、誰でも、何でも」ネットワークにつながるユビキタスネット社会や、モノのインターネット(Internet of things)の実現に必須の技術です。セミナーでは、エネルギーハーベスティングについて、以下のとおり説明や紹介を行います。

  1. エネルギーハーベスティングとは
  2. エネルギーハーベスティング技術の最新動向
  3. エネルギーハーベスティングの用途展開
  4. エネルギーハーベスティングの将来展望
  • 講師
    株式会社 NTTデータ経営研究所
     社会・環境戦略コンサルティングユニット シニアマネージャー 竹内 敬治 氏

 詳しくは、開催案内[PDFファイル/102KB]を御覧ください。

参加申込み

本件に関する問い合わせ先

〒856-0026 長崎県大村市池田2-1303-8
長崎県工業技術センター
 電子情報科 田中
 電話:0957-52-1133、ファクシミリ:0957-52-1136
 電子メール:tanaka_h@tc.nagasaki.go.jp

このページの掲載元

  • 工業技術センター
  • 住所:長崎県大村市池田2丁目1303番地8号
  • 電話:0957-52-1133
  • ファクシミリ:0957-52-1136
先頭に戻る

メニュー