長崎県

シルバー人材センターの業務拡大に係る業種等を指定しました


2019年7月26日更新
 シルバー人材センターは原則「臨時的かつ短期的または軽易な業務」(※)を行うこととされていますが、高齢者雇用雇用安定法の改正(平成28年4月1日施行)により、都道府県知事が地域・業種・職種を指定した場合に、労働者派遣及び有料職業紹介事業に限り、週40時間までの就業が可能となりました。
 このたび県では、その対象となる地域・業種・職種を指定いたしましたのでお知らせいたします。この指定により、働くことを希望する高齢者に経験や能力に応じた仕事が提供され、就業機会が拡大するとともに、幅広い分野で人手不足感が高まる中で、企業の人材確保策としても活用されることを期待しています。
 シルバー人材センターへの入会方法や具体的な業務内容等については、お近くのシルバー人材センターにお問い合わせください。

※臨時的・短期的な業務・・・おおむね月10日程度以内

   軽易な業務・・・・・・・・おおむね週20時間を越えないことを目安
 
■指定の効果
 【指定前】就業時間等の上限:おおむね週20時間程度まで、概ね月10日程度まで

 【指定後】就業時間の上限:週40時間まで、月当たり日数の制限なし
      ※この制度による制限はありませんが、一般労働者と同様に労働関係法令の適用を受けます。
 
■対象地域     長崎県内全域
 
■対象業種・職種  8業種12職種
 
■指定年月日    令和元年7月25日
 
 
 
 
 

このページの掲載元

  • 雇用労働政策課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2711
  • ファクシミリ:095-895-2582
先頭に戻る

メニュー