長崎県

[2]国道499号 小菅町における二輪車対策について【平成29年12月21日】


2018年2月1日更新
質問

こんにちは。毎日香焼方面に朝7時ころ車通勤してますが、小菅、戸町地域の歩行者道路を意味する白線上に凸凹のものをつけられないんでしょうか?

自動二輪のマナーの悪さから、今朝がた小菅手間のカーブで、老人がひかれそうになってました。自動二輪はほぼ皆さん白線内に進入し、かつスピードも異常です。人身事故がおきるのは必然です。

白線上に凸凹のものをつければ、進入、スピードの出しすぎを抑えられると毎日思います。実施できないんですかね?

公共事業より人命だと思います。長崎市の自動二輪のマナーは治らないです。

回答

ご意見・ご提案をいただきありがとうございます。

ご指摘をいただきました長崎市小菅町の一般国道499号を確認させていただきました。

ご指摘の区間は、海側に歩道が設置されておりますが、郊外へ向かう車線には歩道がなく、二輪車が路肩を走行し追い越しを行っている状況であります。

昨年、この区間の交通安全確保について、地元住民の皆様と協議をさせていただき、一部路肩にカラー舗装を施工しました。車道外側線の歩道側に数十センチの緑色ラインを施工し、車道と路肩の区別を明確にすることで走行車両に注意喚起をするものであります。

ご意見にあるカーブ部分について、警察とも協議を行い、本年度、市街地側を施工する予定としております。

今後も、定期的な状況確認を行い、歩行者の安全確保に努めてまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

このページの掲載元

  • 道路維持課
  • 住所:長崎県 長崎市 尾上町3番1号
  • 電話:095-825-0504
  • ファクシミリ:095-820-0683
先頭に戻る

メニュー