長崎県

びわ種子粉末から高濃度のシアン化合物が検出された事案について


2018年1月5日更新

 県では、消費者の皆様の安全・安心を確保する観点から関係部局と連携し、びわ種子を使用した加工品の製造・加工業者、販売業者等に対し、安全な製品の流通徹底の指導とともに、消費者の皆様への正しい知識の周知に努めておりますので、皆様のご協力をお願いします。

 なお、びわの果肉を食べることは、まったく問題ありません。安心してお召し上がり下さい。

 〈消費者の皆様へ〉

 ・消費者の皆様へ(県生活衛生課HPへリンクします。)

 

〈びわ生産者、農業団体の皆様へ〉

 ・農業団体への通知文書[PDFファイル/247KB] 

  

〈農産加工事業所運営者・「長崎四季畑」認定事業の皆様へ〉

 ・農産加工事業所運営者、「長崎四季畑」認証事業者への通知文書[PDFファイル/231KB] 

 

〈農産物直売所運営者の皆様へ〉

 ・農産物直売所運営者への通知文書[PDFファイル/213KB] 

 

〈問い合わせ〉

   ・問い合わせ先・相談先[PDFファイル/230KB]                               

 

《参考》

 地方自治体の買い上げ調査により、びわの種子粉末からシアン化合物が高濃度に検出されている状況を受け、平成29年12月5日、農林水産省はホームページに「ビワの種子の粉末は食べないようにしましょう」という注意喚起を行いました。 なお、シアン化合物の濃度が低いことが確認された食品であれば、食べても問題ないことも記載されています。

 また、平成29年12月12日付け29九消第322号により九州農政局経営・事業支援部長、生産部長及び、消費・安全部長から「びわ種子粉末から高濃度のシアン化合物が検出された事案について」の連名通知がありました。 

農林水産省ホームページ(外部サイトにリンクします。)

九州農政局からの通知文書[PDFファイル/171KB] 

このページの掲載元

  • 農政課
  • 住所:長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-895-2911
  • ファクシミリ:095-895-2588
先頭に戻る

メニュー