長崎県

町道小浦浜線(棚方崎真申線のトンネル区間)の供用開始について


2017年8月29日更新

都市計画道路棚方崎真申線の町道接続部(崎真申トンネル区間)の工事完成に伴い、その区間を町道小浦浜線として供用開始します。

1.供用開始日時、路線名等

  • 日時:平成29年9月8日(金曜日)午後4時
  • 路線名:町道小浦浜線(北松浦郡佐々町小浦免)
  • 延長:約460m

2.事業概要

  • 事業名:都市計画道路棚方崎真申線(街路事業)
  • 延長:本線部・県道 約610m(H25供用開始済)、町道接続部・町道 約460m(今回供用開始)
  • 幅員:車道3m×2車線、歩道3m(なお町道接続部は2m)
  • 事業期間:平成9年度から平成29年度

3.事業の効果

 都市計画道路棚方崎真申線(たながたさきまさるせん)は、佐世保市北西部から佐々町南西部を結び宅地化の進展等による交通量の増加に対応するため、佐世保市側の都市計画道路相浦棚方線(完成済)と連続し県道のバイパスとして整備することにより安全で円滑な交通の確保し都市機能を強化します。また、隣接する自治体との連携強化により地域の発展や活性化を図ります。
 今回供用開始する区間は、県道と町道小浦浜線を接続し、佐々工業団地や小佐々方面へのアクセスが強化されます。

※開通式などの式典はございません。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー