長崎県

西九州ルートのフル規格化整備等について要望活動を行いました


2017年12月25日更新

平成29年11月28日(火曜日)、県及び関係4市(長崎市、佐世保市、諫早市、大村市)は、西九州ルートのフル規格化整備等についての要望活動を行いました。

(要望者)

  • 長崎県:知事 中村 法道
  • 長崎市:市長 田上 富久
  • 佐世保市:市長 朝長 則男、副市長 山口 智久
  • 諫早市:副市長 大水 敏弘
  • 大村市:副市長 吉野 哲

(主な面会者)

  • 与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム 岸田 文雄 座長 (自由民主党 政務調査会長)
  • 与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム「 九州新幹線(西九州ルート)検討委員会」 山本 幸三 委員長
  • 国土交通省 高橋 克法 大臣政務官
  • 国土交通省 森 昌文 技監
  • 国土交通省 藤井 直樹 鉄道局長
  • 加藤 寛治 衆議院議員
  • 金子 原二郎 参議院議員
  • 古賀 友一郎 参議院議員
  • 秋野 公造 参議院議員

 

(要望内容)

  • 山陽新幹線への直通運行を実現し、現在整備中の武雄温泉―長崎間のインフラを十分に活用できる最善の選択肢として、フル規格により西九州ルートを整備すること
  • 併せて、西九州ルートへの直通運行も視野に入れたJR佐世保線の輸送改善に向けた支援の充実を図ること

 

【与党「九州新幹線(西九州ルート)検討委員会」委員長へ要望書を手交】 

 

【国土交通省鉄道局長へ要望書を手交】

 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー